廃村に迷い込んだ話

もう15年くらい前の話です。
週末の深夜になると仲間で車で集まっては夜明けまで峠を流したり騒いだりしてた頃がありまして、その夜も峠でドリフトの真似事とかしてたんですね。助手席には先輩乗っけててお互いの運転でおおげさな悲鳴あげたり馬鹿笑いしたりして、そのうち仲間ともちりぢりになり、そろそろ疲れたし帰って寝よう、と。

俺の運転で帰路についた…と思ったのですがどこかの私道に入り込んでしまったらしく、気が付くと両側とも木々が生い茂る狭い道をガタゴトと走っていたんですが、すぐバックで引き返せばすむ事を、面白がって「いくとこまでいこう!」と笑いながらその道を走り続けたんです。

だんだん霧が深くなってきて、あ、こりゃ廃道だったらヤバいな、と二人とも無口になってきたところで、少し道が舗装されて広いところにたんですね。見るとまばらに民家とか見えてきて、ああ、小さな村だなと気づきました。…さすがに深夜だからか、どの家も明かりも外灯もついておらず「廃村じゃねえの?」と先輩がつぶやいたときです。

車をとめた道の先から、だれかが走ってくるのです。先輩も俺も息をのんで20メートルくらい先をみつめました。どんどんちかづいてくる、それは男で、上半身裸で、両手を振り回して、なにかを叫んでいる…血だらけで!「…たすけ…た…すけて…たす…けて…」男の手が車のボンネットに触れるかというところで先輩が叫びました。「出せ!!出せ!!」その叫び声の真剣さに反射的にバックのままエンジンを吹かし男を残し俺達は逃げて逃げました。

やっと車は見覚えのある道に出られ、俺は落ち着きを取り戻し「いやぁ…びびったすね…でもあのおっさん助けよんでたみたいだけど…先輩パニくってるから、俺も逃げちゃったけど…大丈夫かな?」おまえ、あのおっさんが車に触れる瞬間、何て言ったか聞いたか、と先輩はまだ青い顔でつぶやきました。「あのおっさん…こういったんだ」

た す け て や ら な い

『廃村に迷い込んだ話』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/08/04(木) 02:34:28 ID:Q3MzU4MzI

    それは無理があるだろ……。

メールアドレスが公開されることはありません。