実家に現れた地下の隠し部屋

友人から聞いた不思議な話です。
彼の家は関西の古くから住宅地だった地域の一画にありました。彼の家には地下室があったのですが、配管工事のために、いったん地下室を掘り下げることになったそうです。

工事が始まり、地下室からさらに2m程掘り進んだときに、さらにもうひとつの部屋が現れたのです。ところが、その部屋というのが、天井の高さは1m程度、広さも2畳程度という狭い空間だったそうです。不思議なことに、その部屋は四方の壁が漆喰で固めてあり、床は半分腐りかかった畳が敷いてあったそうです。

天井も板貼りで出入口というものがないのです。もちろん、その部屋に通じる通路となるような抜け穴もありません。彼の家は戦前からの古い建物で、彼の曾祖父がその家を建てたときに、そんな奇妙な部屋を作ったという話もありませんでした。

いったいなんのためにそんな部屋を作ったのか。また、そんな空間が少なくとも50年以上もの間、誰にも知られずにひっそりと存在していたという奇妙な出来事です。

『実家に現れた地下の隠し部屋』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/10/20(木) 21:47:03 ID:E3MDUwMjE

    新耳袋に似た話があったような

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2017/03/08(水) 20:34:13 ID:U1NDg3MDU

    新耳袋だと大阪城だか、どこかのお城の話だったような。

メールアドレスが公開されることはありません。