漂着した謎の生物

海の話です。
日露戦争に従軍したバルチックじいさんによる話です。

バル爺は衛生兵として従軍したので、退役後、医師のいない漁村で骨折や外科治療などのさい多大の貢献をしてくれました。
沈着冷静な人で、また『合理的な』人で人望もありました。
対馬沖海戦に従軍したのが彼の話の白眉ですが、怪談ではないのでここでは触れません。

おなじ水兵に島根県浜田市出身のものがいて、砲兵だったそうです。
その水兵が言うには、戦争が始まってすぐ、海岸に変なものが漂着したそうです。
海岸から漂ってくる異臭から、鯨でも漂着したか?と海岸を探していみたら、10メートル程度の長細いものが漂着していました。
それは、前半部が金属製の円錐形(正確には、砲弾のような形だったと)であり、
後ろ半分が、生(動物のような有機物という意味でしょう)だったそうです。
その部分は、長い二股にわかれた触手のようなもので、青白く変色(元の色かも)していました。
全体の形から『イカ』ではないかと発見した漁民は考えたようですが、
前半部が金属で(叩くとキンキンと金物の音がした)イカではないだろうという話だったそうです。
腐敗臭がしていましたが、その異臭は金属の部分からしていて、ナマの部分は無臭だったそうです。

警察と軍隊が来て、東京から偉い先生(研究者でしょう)が来て検分しました。
地元民はまったく近寄れなくなって、2日ほど海岸で灯りをつけて調べて、ソレはきれいに持ち去られたということでした。

朝鮮半島に近い海岸地域はロシア艦隊への警戒線であったため、厳しく緘口令がひかれて、
その後の警戒も厳しくなったということです。

『漂着した謎の生物』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/14(木) 05:43:15 ID:QyMjY4MDg


    どこかの書庫に実況見分報告書が眠っているのか
    写真やホルマリン標本も残っているかも

メールアドレスが公開されることはありません。