母が危篤の晩に見た夢

私は周りの人に比べたら少し霊感があると思います。そんな私の怖くないけど不思議な話をどうか聞いてください。
私のお母さんは今かなり重態で、病院に入院しています。植物状態といったところでしょうか。今年で3年になります。そのお母さん側のおばあちゃんは私が3歳の頃に死んでしまいました。小さかったのでよくおぼえていません。

この日はお母さんが原因不明の高熱をだして、ヤバイ状態の時、父は母に付き添っていて、夜中帰ってきませんでした。私は心配しながらも、明日は学校なので早めに寝ました。夢を見ました。

私は沖縄に住んでいるのですが、夢の中で見た場所は全く知らない所でした。とりあえず私はなんとなく電車にのりました。沖縄に電車なんてないのに…。すると駅員みたいな人が来て切符を見せてください。と言いました。もちろん私は持っていません。すみません。持っていません。と言うと、じゃあ降ろしません。と言うのです。とても怖くなり、泣いてしまいました。

すると隣に座っていたおばあさんが、峻ちゃんこれ使いなさい。と切符をくれたのです。私は「ありがとうございます。でもなんで私の名前を知っているんですか?どうして私にくれるのですか?」と聞くと、「忘れたのかい?峻ちゃんのおばあちゃんだよ。…がんばってね。」と言ったのです。私のおばあちゃんは前に死んでいるのに…顔は覚えていませんが、顔に大きいほくろがありました。おばあちゃんの顔を見て、あ…っと思ったら目が覚めました。なぜか私は泣いていました。

翌日、父が様態がおちついたといって帰ってきました。私がこの話をすると、1枚の写真を見せました。
「この人が峻のおばあちゃんだよ」
みると確かに大きいほくろがついていました。無駄に長くてすみません~でもなんだか、いつも守られている気がするんです。おばあちゃんありがとう。

『母が危篤の晩に見た夢』へのコメント

  1. 名前:通りすがり : 投稿日:2018/01/22(月) 09:32:08 ID:c4NDQ3ODA

    容態の悪かったお母さんじゃなく峻ちゃんが電車で帰れなくなりそうになったんか。
    まぁ夢なので。お母さんがもし死んでしまったら…て不安が怖い夢になって、ばあちゃんが助太刀に?

メールアドレスが公開されることはありません。