死への先導人

私がまだ学生だった頃にした、奇妙な体験です。
友達Aのいとこでペンションをやっている人というので、卒業記念にみんなで泊まりに行きました。ペンションのまわりにはあまり遊ぶところがなく退屈していると、オーナーが「少し歩くと山があるから登りに行くといいよ」と教えてくれました。

さっそく私たちは山に登りました。「帰りは違う道で帰りましょう」と、下山は違う道から行ってみることになりました。しばらく行くと、手すりがなくなり、霧が出てきてしまいました。それでも私たちの歩く前にカップルの声が聞こえているので、その声を頼りに霧の中を歩いていました。ところが、手すりの次は足下が悪くなっていたのです。

しばらくすると、友達の一人が「ちょっとまって!おかしいよ!」と叫びました。その時、今までの霧が嘘のように晴れて、目の前は断崖絶壁・・・・。

あの時友達が叫んでいてくれなかったら、私はここにはいないでしょう。霧が晴れたにもかかわらず、カップルの声は私たちの前でおしゃべりをしていました。誰もいないのに…

『死への先導人』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/09/11(日) 01:40:27 ID:IyNDgzNDA

    この話もめちゃくちゃ 霧で前がまったく見えないのに
    知らない山道を歩くのもめちゃくちゃ 手すりがある山道ってなんですか? さらに その頼りの手すりがなくなったとたんに足場が悪くなってそれでもカップルの声を頼りに歩こうとするのがめちゃくちゃ おかしいよ!て叫んだらなんで霧が晴れるのか? 死への道先案内ではないのか? おかしいよ!と俺がこの話に対して叫びたいです。

メールアドレスが公開されることはありません。