名無山で見た自殺者

日の深夜(というか、ついさきほど)に友人数人と1台の車でドライブしていたのですが、凄まじい恐怖を体験してしまいました。名無山というその名の通り無名な山の峠道(未舗装)をずっと走っていたんだけど・・・頂上付近で、どうやら自殺しようしている人を偶然見つけてしまったのです。

但し、自殺か否かは推測なのですが、独りで深夜3時頃にスーツ姿で山奥にいるなんて考えられないからです。しかも、手になにやら大き目のビン(ガソリン?)を持っていて、足にかけているところでした。我々みんな、一斉に車を飛び出して、「やめろ!」と止めようとしたところ、思い出すのも嫌なんですが、その人…

いや、実は、既に死んでいたのです。(想像にお任せします)みんな、もう恐怖のあまり、車に一斉に飛び乗って、運転する人間も含め4人全員がリアシートに固まってしまったので、どうしようもありませんでした。少し時間が経って、薄明るくなり、もう一度、死体のほうを見てみると、その死体が無かったのです。

4人全員が同じもの(死体)を見たのは確かです。

メールアドレスが公開されることはありません。