【怖い話】梅田の地下街を歩いていたおぞましい妖怪

ちょっと書き込んでいいのかどうか躊躇するのだが読んでくれ。去年の今頃、連れと大阪に行った時の事。(俺は大阪在住ではない)俺は大阪の梅田地下街を連れと二人で歩いていた。丁度全面ガラス張りのデパートの入り口の辺り(たしか公衆電話が数台並んでいたと思う。住んでないので詳しい場所がわからん。すまん。)で「何か」を見た。その「何か」は背丈は160cmくらい、髪を頭頂部から上に向かって縛り上げ、どてらを着ている。顔は豚の皮を貼り付けたお面のような感じで、目に当たる部分は穴が開いて中は真っ黒。その中に眼球が見える。鼻に当たる部分には穴が二つ。口は唇がなくて歯茎と歯がむき出し。それでペンギンみたいにひょこひょこ歩きながらガラス越しにデパートの中を伺っていた。

その後ろには年のころは40-50位の痩せた女性。日本髪を結っていて黒い着物を着て灰色の帯をしていた。その女性はさっきの「何か」の着ているどてらの裾をそっちに行くなといわんばかりに引っ張っていた。その得体の知れない「何か」を見るなり、俺は思わず「げっ!」っと声を上げてしまった。俺の声に周りを歩いていた2-3人が俺の方を見たので、かなり大きな声を上げてしまったのだと思う。が、その俺の見た「何か」をみて驚くのは俺だけで、誰も気付いていないのか、見慣れていて特に驚くことでもないのか俺には分らなかった。ともかく、あまりの異様さに俺は連れに「絶対そっちを見るな!」といいながら連れの手をひっぱり、その場を離れた。



話はここまでなのだが未だにあれはなんだったのか分らない。とうの俺ですらあれは夢だったのかと思うのだが、今でも連れにそのときの話をすると、俺が余りにも驚いていて顔面蒼白だったことを良く覚えているので事実だったのだと思う。

ちなみに俺はごくたまに見る方だ。これまでの人生で2-3度ほど見たことがあるのだが、あれほどはっきり見えたのは今までであれ一度きり。いつもはぼんやりとしていたり、なんとなく透けていたりするのだが、あまりにもはっきり見えたので未だにあの「何か」は実際にそこに存在したものなのか、それともそれ以外のものなのか分らない。俺が声を上げたとき、「何か」の後ろにいた日本髪の女性が俺の方をジッと見ていたことが未だに忘れられない。誰かこの「何か」を見たやつや知ってるやついないだろうか?時折思い出すとググったりしているのだが今のところ情報がないので書き込んでみた。何かしっているやつ、情報くれ。


メールアドレスが公開されることはありません。