【怖い話】地獄の神様に憑かれている

私も占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。「あんた、大陸に行ったことあるだろう?そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず払えないし、どこに行っても障ることを恐れて何もできないよ」とか。確かに、仕事で中国に数年住んでいた。「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝することだ。・・・それと、叔母さんかな?修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを守っているよ。・・・でも、あと数年だね」息子、もう15歳なんですが。あと5年でこの世とさよなら?それを何故断言できる?

私の不審そうな顔に、占い師は続けた。「あんた、過去に手の筋切って何かできなくなってない?」確かに。ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、交通事故の後遺症で今、左手があまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。

「それは持って行かれたんだよ。でも命だけは、あんたを守る人たちに救われた。でも、次は全て取る、と言っているよ。・・・ごめんねえ、不快な事ばかり言って」占い師はそう言って、私から料金を取らなかった。あと5年でこの世から去る?にわかに信じられなないし、今も信じてない。ところが、その占い師は『当たる』と評判だそうだ。割と高額な見料も、あんなに長時間話したのに、「残りの人生に使いなさい」と貰わなかった。

帰宅後、夫と子供に話した。「信じてないけど」と言いつつ。「私が死んだら、あななたちが心配で・・・」と言ったら、夫も子供も、「それは自分たちが乗り越えること。おかんは心配しないで、残りを好きに使っていいよ」と。

今のところ病気などは無い。でも人は何で死ぬか解らない。ちなみに後日、ある有名神社にお払いの相談をしたら、占い師の言ったとおり、「神様にはできる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」と。
「すいません、どんな神様が憑いてるって?」
「・・・地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。・・・日本の神様ではありませんね」と。

回避方法無しと言われたのだが、神主さんには、「でも基本的に自分はあまり信じてないんです。私には見えませんから」と言ったところ、「そういう強い気持ちも大事ですよ」とか。
「なんで私なんでしょう?」
「人と同じですよ。好みなんです。昔から、神様に愛されると長生きできないと言いますね。あれと一緒ですよ」いや、そんな若くも無いですしと言ったら、「寿命からしたら充分若いですよ」と。

実家のお稲荷様と、近所の将門神社には毎日詣でている。でも最近、右肩が重いことに気がついた。そして、もともと夢などあまり見ないのに、夢を見るようになった。どこかの屋敷で、ピアノをずっと弾き続けている夢。動かない左手が動くのは気分がいい。ずっとここにいたいと思う。「ずっといてもいいんだよ」と、背後から右肩に手を置かれ、目が覚める。いつかこのまま、目を覚まさなくなるのだろうか。


メールアドレスが公開されることはありません。