【山の不思議な話】何年も姿を変えない美しい顔の男の子

俺が体験した不思議な話。ちょっと長いけどごめん。母方の実家は山奥のデカい家なんだが、その家には今は祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。うちからはちょっと遠いこともあってなかなか行きづらかったんだが、数十年ぶりに母と姉と姉の息子(5歳)と一緒に遊びに行くことにした。祖父母の家について翌日、真っ昼間から甥っこが行方不明になった。近所の人までかり出して捜索したのだが、とうとう日も暮れてきていよいよ警察に届けようというところで、玄関に気配を感じて見てみると甥っ子がいる。隣にはどこかで見たことのあるような、甥っ子より少し大きいくらいの男の子。みんなに甥っ子が帰ってきたことを伝えると、母は大泣き、姉は泣きながら怒っていたwそして気づくと男の子はいなくなってた。俺はどうしてもあの子を見たことあるような気がして気になって仕方なかった。

甥っ子に詳しくきくと、遊んでるうちに裏の山に入ってしまい迷子になっていたそうだ。どうやって帰ってきたのか訪ねると、「おにいちゃんがつれてきてくれた」と。「おにいちゃん」の話になると急にテンションの上がった甥っ子曰く、「へびがでたけどおにいちゃんがやっつけてくれた」らしい。さらに「おなかがすいたけどおにいちゃんがちっちゃいいちごをくれた」らしい。

話を聞いていると、うちのじいちゃんと近所のじいさんばあさんが、「そりゃあ山の神様だ」と言い出した。最初は「ああ、助けてくれたんなら神様でいいや」みたいな感じできいていたんだが、じいさんたち曰く「山には昔から神様がいて、子供を守ってくれたり、山の生き物を守ってくれる」らしい。「子供の頃は一緒に遊んだり出来るが、いつの間にか見えなくなって、忘れてしまう」んだそうだ。

それで俺は思い出した。さっき玄関で見た男の子、俺はあの子と子供の頃に遊んだことがある。小学生の頃、遊びにきたじいちゃんちの裏の山で一緒に虫をとった子がいた。そいつは流石地元の子供らしく、俺よりずっと虫がいる場所も虫の取り方もうまかった。あの玄関にいた男の子は、あのとき一緒に遊んだあの子にそっくりだ。

まさかと思っていると、従兄弟がぼそっと言う。「○○ちゃん(甥)、そのおにいちゃんはこれくらいの背の高さで、これくらいの髪の長さで、女の子みたいな顔をしているおにいちゃんか?」その特徴は玄関にいたあの子と完璧に一致した。甥っ子もぶんぶんと頷いてる。従兄弟は「あー、山の神さんだったんかー。昔よう一緒に遊んだなぁ」と感慨深そうに言った。

俺はそのとき20代前半で、従兄弟とは一回り以上年が離れてた。なのに、従兄弟と俺は同じ男の子と遊んでいたことになる。そして驚くことに、近所の人たち(甥っ子の行方不明はけっこう大きな事件になってしまい、かなりのご近所さんが集まっていた)も「あー、その子なら知ってる!」とかなりの人数が言い出した。うちのじいさんも見たことがあるらしく、うちの母も遊んだことがあるが、叔父(母の兄)は見たこともないらしい。

甥っ子の話では「近頃はこの辺に子供がいなくなったから遊び相手がいなくて寂しい」と言うようなことを山の神様は言っていたそうだ。
すると従兄弟はいきなり窓を全開にして「山の神さん!!子供がいないんなら大人と遊んだらいいが!!俺がいつでも遊んだるが!!」と叫んだwww

あとで従兄弟にきいた話では、従兄弟が小学生のとき、川で溺れて死ぬところを山の神様に助けてもらったらしい。

今でも俺は甥っ子と一緒に年に1度は母の実家に行くことにしているが、山の神様は元気に民家にも現れているらしい。特に従兄弟とは仲が良く、前回遊びに行ったときは俺と一緒に飲もうと大事にしまってあった高い日本酒が、封も開けてないのに三分の一減っていたことに対して従兄弟が本気でキレていたwww「神さんが寂しくないように、子供がたくさんほしいな」という従兄弟は、めでたく40を超えて今も独身ですwww

『【山の不思議な話】何年も姿を変えない美しい顔の男の子』へのコメント

  1. 名前:7c : 投稿日:2018/04/22(日) 16:44:59 ID:cyNzMyNTc

    良いやつ

メールアドレスが公開されることはありません。