【ほんのり怖い話】山道で迷った時に寄ったコンビニ

ちょっと前の話。友達と二人で山の方にドライブに行った。しばらく山道を走っていたのだが、どうも迷ったらしい。地図見てもぜんぜん道がわからない。カーナビは一応ついてたが、そのとき壊れてて海の中走ってる始末。どんどん暗くなってるし、道はやばくなってくし、人っ子一人見当たらないし、本当に困り果ててた。勘にまかせて走ってると、少し上の方にぼやっと明かりが見えた。どうやらコンビニの看板の明かりらしい。それでそこのコンビニの前で車止めて車から降りた。車も自分の以外の一台あったし、自転車も2,3台あった。中には4人ぐらい客がいて、俺らはちょっと安心した。店の人に道を聞いて、俺らは散々お礼を言って店を出た。

教えてもらった通りの道を走ると、だんだん道が広くなってきて、街の光も見えてきた。俺らは心底安心した。しかし街が近づくにつれある疑問が出てきた。ここまで読んだ人ならわかったかもしれない。

友達に言ってみた。
俺「なぁ、何かおかしくないか?」
友「何が?」
俺「だってさ、あんなとこに店あるか?」
友「は?」
俺「よく考えてみろよ。あんな山奥だぞ。あんなところに客来るか?」
友「・・・でもいたじゃん。何人か」
俺「それがおかしいんだよ。うん。あんな山奥に誰がチャリで来るんだよ」
友「・・・」
俺「・・・」

帰ってから地図を見てみてみたり、カーナビみたりしたけど、周辺の山道にコンビにはおろか、店の一軒も無かった。今思ってもすげー体験だった。ほんのりじゃないかも。


メールアドレスが公開されることはありません。