息子に「おりさん」という架空の友達がいる

今まで誰にも言ってこなかったけど最近悩んでるんで書く。俺は物心ついた頃からいわゆる幽霊が見えてて、ほんと怖くて怯えて生活してた。五才頃も夜中発狂したりしてたんで親に精神科連れてかれたりするガキだった。もちろん精神疾患なんて無い。中学高校とひどくなってしまいには不眠になった。昼夜問わず見えるんだか、夜中寝てる時が酷くて南米系のオッサンとか何語かわからん言葉でしゃべってきたり、マジ怖いのが女が長い髪の毛を顔に絡めてきてベッドから落とされたりと怪我させられたりしたんで神にすがる思いで近場の寺の住職に相談。お札とお祓いしてもらったけどきかなかった。霊感無くしたくてわかる範囲でそう言った類に相談するも宿命と言われる。とにかく怖いし、もう死ぬんじゃないかと思ってた。幽霊見えるわーとか言うと精神疾患疑われたりキチガイ扱いされるんで誰にももはや言えず、諦めてた。自分で編み出した除霊的な方法で一番効いたのが自分家のお経を唱える、数珠を持って寝るだった、お経は完璧に覚えた。これも気休め程度だがこれしか効果がなかった。

そうして大人になり、22歳頃実家の仏間で昼寝してたら不思議な事がおこった。信じてもらえないと承知で書くけど、たぶんあれは神様だった。姿は狐と蛇が合体したみたいなナリで、顔が狐っぽくて体は蛇っぽい。見た事ない動物、んで真っ白、っつーか、神々しいw光ってるみたいな、その神様的な何かが精神?に話しかけてくる感じで、お前は欠陥がある、普通塞がってる穴の蓋が壊れてるから直してやろうか?みたいな。分からんけどんじゃお願いしますっつってたら目が覚めて数珠が木っ端微塵に散らばってた。

あーやべー、あれ悪霊的なやつだったのかなー。やべーと思ってたけど、そっから長年悩み続けてた霊感がすっかり無くなった。だから俺の中であれは神様と思ってる。たぶん実家の守り神!と信じてる、なんたって本当に怖かった幽霊がもう二度と見えなくなったからな。3年後に結婚して子供がてきて、その子供が今年五才になるんだか、これがまた夜中発狂、知らんはずのばーちゃんの名前言ったり、おりさんって言う架空だかの友達がいる。まるで昔の俺のようだ。もしかすると遺伝したのか。なんとかしてやりたいけど俺にはもう見えないしあの神様的なのにしか直せんかもなぁ、と悩む親父であった。


メールアドレスが公開されることはありません。