【不気味】廃バス停の中にあった無数の…

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。親の車を借りて、夜になれば友達とドライブに出掛けていました。カーステレオを掛けながら、どこか知らない土地までドライブする。お腹が減ったらハンバーガーを食べたり、ファミレスに入って腹ごしらえ。そんな事をくり返していました。

ある時いつものように友達を誘って、男二人で夜のドライブに出掛けました。どこをどう通って行ったのかあまり覚えていなのですが、見慣れない山道を走っていました。山道と行っても片側1車線のキッチリと舗装された道路です。ガードレールもあるので、国道か県道なのでしょう。少ないながらも街灯があるような道路でした。

しばらく走っていると、緩やかな下りの大きな左カーブがありました。カーブにゆとりをもたせるためでしょうか、路肩のスペースが大きく開けてありました。車を停めるには十分すぎるほどの場所があります。ずっと山道を走って来たので、そこで立ちションすることにしました。万が一、他の車が通って見られると恥ずかしいので、停めた車の陰になっている部分で立ちションをします。街灯がポツリ、ポツリとしか無いので車のライトを消すと辺りは真っ暗です。しかし不思議にも周りが見渡せるほどの灯かりがあったのです。

用を足し終えて車に戻ろうとすると、バスの停留所みたいなものが見えました。屋根と側面、背面をコンクリートで固めてあるような、典型的な田舎のバス亭です。しかしバス亭の前面の部分をトタンで覆って黄色と黒のロープでグルグル撒きにしてあり、バス停には入れないようにしてあります。路線バスが廃線になったのかと思わせるような感じです。ですが、どう見てもバス亭の中から灯かりが漏れているように見えます。

街灯が無くても辺りが明るいのは、あの漏れた光のせいだったようです。少しバス亭に近づいて見ると、覆っているトタンの角が破れてそこから灯かりが漏れています。バス亭の中で何が光っているのか?好奇心が沸き起こります。近づくに連れてオレンジ色の灯かりが強くなり、光がゆらゆらと動いているようにも見えます。友達と恐る恐る近づきます。破れたトタンの隙間から中を覗きました。

バス亭の中には無数のローソクが立てて並べてありました。もう何千本ものローソクに火が点けられて、ゆらゆらと光が揺れているのです。びっくりしたのはもちろんですが、ローソクの数に圧倒されて見入ってしまうほどの光景でした。

次は友達が覗き込みます。
「な?凄いだろ!」と興奮気味の私に対して友達は冷静に応えました。
「ヤバイな、とにかく早く行こう」
私は意味が分かりませんでした。すると友達が言います。
「こんな山の中で、これだけのローソクを点けているという事は近くに人がいるはずだよ」
辺りをキョロキョロ見渡します。
「しかもひと気の無い場所でこれだけのことをするんだから、何か儀式的なことかもしれないし。人に見られたくないんだよ」
そこまで言われてハッと我に返りました。そうだ、これは絶対にヘンなんだ。ここは異常な状態なのだと。

慌てて車に乗り込もうとした時、カーブの谷側からガサゴソ、ガサゴソと何やら谷を這い上がってくるような音がします。もうパニック状態で車に飛び乗り、急いで車を出しました。どこを走って帰ったのかあまり覚えていませんが、無事に家に帰ることができました。

この話を他の友達に話すと、是非行きたいという友達が数名集まりました。7人で車2台で行くなら大丈夫だよと言われて、こちらも気持ちが大きくなりもう一度あのバス亭に出掛けました。しかしあのバス停が見付かりません。いえ、バス亭どころかあの山道さえも見つけられませんでした。

一緒に行った友達も場所を覚えていないとの事。あのバス亭の中のローソクは一体なんだったのでしょうか?あの谷から登ってくるような音は?直接、お化けを見たワケではありませんでしたが、怖い思いをした夜でした。


メールアドレスが公開されることはありません。