【神社で何かを見た】目を見開いたまま気が触れた友人

ある夏の夜、若者達が里の裏山の頂上にある神社で宴会をやっていたそうです。そのうち「じゃんけんで負けた者を木に縛って置いて行こう」ということになったらしい。縛られた人が嫌がったか、度胸を示すために頑張ったかは忘れました・・・。

とにかく、一人を残して皆は引き上げ、翌朝、縛りつけた若者のヒモをほどきに仲間たちが神社に行くと境内の木の下で、縛られた若者は眠っていました。しかし、近づいてみると彼は眠っていたのではなく、目を見開いたまま気がふれていたそうです。何かを見たようなのですが、言っていることがめちゃくちゃで何を見たかは分からなかったとか。

70年代末、東京郊外での話だそうです。野外学習中、引率の先生からその神社の境内で聞きました。

『【神社で何かを見た】目を見開いたまま気が触れた友人』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/08/04(金) 00:33:02 ID:c2NzAwNzM

    日本赤軍の総括真似したんだな・・・

メールアドレスが公開されることはありません。