【自分の頭蓋骨を洗う夢】近所に有名な予知夢おばさんがいたんだけど

『夢』に関しては今でもトラウマになってる事が…。あたしがまだ中坊の頃、母に聞かされた話。
母は子供の頃住んでいた地区に、正夢を見ると評判のおばさんがいたの。そのおばさんが「○○さんの葬式の夢を見た」といえば、本当に亡くなったり、「○○さんが強盗にあう夢を見た」といえば、本当に泥棒が入ったそうよ。

おばさん一家は大きな川の近くに住んでいたの。台風が近づいた頃、おばさんが奇妙な夢を立て続けに見るって、周りの人に言ってきたの。その内容というのが、「早朝に一家全員で水風呂に入って、それぞれが自分の頭蓋骨を洗っている」というもの。聞かされた人は、直感的にこの一家に恐ろしい事が起こるって思ったんだって。

台風の日の深夜、川が氾濫しておばさん一家の家は流され、翌朝全員の遺体が見つかったのよ。

『【自分の頭蓋骨を洗う夢】近所に有名な予知夢おばさんがいたんだけど』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/07/31(月) 00:44:25 ID:E2Njk2MTE

    予知夢や予言って端から見るとなんのこっちゃ?だけど、なにか起こった後で見ると、合点がいくこともんだね
    未来は予め決まっていて、それを覗き込んでいるのが予言や予知なのか、考えると恐ろしくなる

メールアドレスが公開されることはありません。