日露戦争で日本軍に加勢した妖怪たち

日清日露戦争は神様や妖怪(狸や狐含む)が戦争いった逸話沢山残ってるみたいね。うちの地元の狸も日露戦争いった逸話が残ってる。昔別スレにも書いたんだけど、喜左衛門って言う狸で、背中に○に『喜』って文字が入った赤いちゃんちゃんこ着てたそうで、その狸が日露戦争に出兵して、小豆に化けて大陸を渡り、上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと全軍に散ったあと、赤い服を着て戦ったとか。ロシアのクロパトキンって指揮官の手記に「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵隊はいくら射撃しても一向に平気で進んでくる。この兵隊を撃つと目がくらむという。赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」っていう逸話が残ってるそう。

鹿島神社の神様(戦の神様)は、出兵する兵隊を乗せた機関車が急に停車。原因不明で故障個所も見つからなくて変だなって思ってたら、数分後何事もなかった様に汽車が走りだしたのが調度鹿島神社の前辺りだったんで神様も一緒に乗り込んで出兵してくれるのでは?って事で士気があがったって言う話を前に読んだ事がある。他にも、出兵して片羽根を失って帰ってきた天狗か何かがいるとか…日露は特にこういう話が多いみたい。

『日露戦争で日本軍に加勢した妖怪たち』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/06/25(日) 20:22:18 ID:QyNDAzOTI

    加門さんの本にもあったな
    祭りの取材にいった村で、そこの気の強い神様が日露戦争に飛んでいったとか

  2. 名前:左門君はサモナーが終わって悲しい : 投稿日:2017/06/29(木) 23:08:30 ID:YzOTY3ODA

    太平洋戦争中には東京を空襲に来たB29にwizのグレーターデーモンみたいのが攻撃してたという話もある
    でも明らかに日本の妖怪じゃないよな?対キリスト教国ということで誰かが召喚でもしたんだろうか?

メールアドレスが公開されることはありません。