箱根の山中で8メートルの大蛇を見た

私の親父(昭和3年生まれ)から聞いた話です。親父がまだ大学生(夏休み)のときです。一人で箱根仙石原にぶらっと出かけたそうです。目的も何も無く、只暇つぶしみたいな感じで文庫本1冊だけ持って。

当時の仙石原は今のように整備されておらず、葦がうっそうと大人の背丈より長く伸び、水浸しの地面には只板切れが敷いてあるだけだったそうです。親父はそこで文庫本を読みながら歩いていたそうです。その時、ふと何となく違和感を感じました。誰かに見られているような…。周りを見渡してみましたが特に何も無ありません。気のせいかとそのまま歩いていると、今度は明らかな何かの気配がしてきました。

立ち止まっていると突然、前の自分の背丈よりも高い葦の上に、蛇の顔が現れたのです。いわゆる大蛇が鎌首をもたげて親父の方をじっと見ていたそうです。あまりの恐怖に声も出せず一瞬立ちすくんでしまいました。その間大蛇はじっと親父を見つめたまま静止していました。とにかく逃げようと思った親父は、1歩後ずさりをしました。すると大蛇はその分顔を前にスッと出します。又親父が1歩下がると大蛇が前に出てくる。もーだめかな、そう思ったとき遠くの方で人の声が聞こえその人の声が聞こえた瞬間大蛇はスッとUターンしていなくなったそうです。

親父は間髪入れず元来た道を一目散に逃げ帰ったそうです。親父はそのときの話を、2m以上丈のある葦の上から顔を出すんだから少なく見積もっても7~8mはある蛇だ。と言っていました。余談ですが、箱根山の手前には久野山という山がありそこに端を発する山王川には山の樹を伐採するきこり達が殺した大きな蛇が(3mを超える青大将)流れてきたそうです。

『箱根の山中で8メートルの大蛇を見た』へのコメント

  1. 名前:大蛇独歩 : 投稿日:2017/06/18(日) 22:17:04 ID:U0Mzg1MTc

    ツチノコを探している人のエッセイだったかブログに
    日本の大蛇にはアオダイショウ、ヤマカガシが巨大化した二種類が居るとあった
    アオダイショウの場合は鰹節と土の匂いが混ざったような異臭がひどく多くの蝿を引き連れているそうで
    ヤマカガシの場合は首の毒腺からあるいは後牙からの毒を噴霧することが出来るため
    いつの間にか行動不能にされることがあり後者が危険とのこと

メールアドレスが公開されることはありません。