見える人には見える歯医者に住み着くモノ

この前、歯医者に行った時の話。その日は徹夜明けで、ボケーっとしまま歯医者に行った。親知らずの抜歯の為に最初に麻酔して、麻酔が効くまでの少しの時間ウトウト寝てしまった。すると突然、顔にベチャッと冷たい物が乗ってきて、驚いて反射的にそれを掴んでしまった。感覚的に明らかに人の手。子供とか女の人みたいな小さくて華奢な感じの。歯科助手のお姉さんの手だと思って、「あ!すいません!」ってパッと離して体を起こしたら、誰も周りにいなかった。俺の声に驚いたのか隣の衝立から歯科助手のお姉さんが出てきて、「どうされました?!」と聞いてきた。困っていると先生までやって来て、「大丈夫?」と聞いて来た。「すいません。ちょっと寝ちゃって。寝ぼけたみたいです」と返したら、2人とも「何だあ」と笑っていた。

それから一ヶ月後。最後の通院日。帰る時に歯科助手のお姉さんが、「じゃあ次は半年後の定期検診ですね。お大事に」と言われ、「はい。ありがとうございました」と返したところで、急に顔を寄せて来て、耳元で「前に大きな声を出された時に、寝ぼけたとおっしゃってましたけど、本当は見たんですよね?」と言ってきた。え・・・と困っていると、「ちょっと見た目は怖いですけど害は無いので、また来てくださいね」と笑顔で言われた。見てはないんだよな・・・


メールアドレスが公開されることはありません。