二足歩行で山を歩く獣

子供のころ、二足歩行で歩く野うさぎに出くわしたことがある…小学校に上がる前の記憶なんだが、そのころは家の目の前に広がる丘陵地帯が遊び場所。得意技は獣道探しwである日、ウサギのうんこがぽろぽろ落ちている場所を発見!すわ、うさぎの通り道発見と、付近をうろうろしていたら、少し離れたところをソローリソローリと二足歩行する野うさぎが…あの愛玩用よりも長い手足でキョロキョロあたりを見渡しながら…その頃『ピーターラビット』など読んだことのないヘチャムクレのお子様だったのでうさぎも人が見ていないと、二本足で歩くんだなと納得した私。あれ以来そんな野うさぎには、再び会う機会はありませんでした。トトロ遭遇チャンスぐらいのラッキーだと思っています。


『二足歩行で山を歩く獣』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/05/09(火) 15:30:42 ID:M1OTMwNzU

    鳥獣戯画の時代はそんなのいっぱい居たんだろな。

メールアドレスが公開されることはありません。