【鳥肌】二段ベッドの上に寝ていたのは姉じゃなかった…

いきなりですけど、私がまだ小学生低学年の時の話。私は小さい頃、中学生の姉と共同の部屋でした。部屋には二段ベッドがあり、姉が上段で私が下段に寝ていました。その日は私より先に姉が寝ていて、声をかけましたが返事は無く姉はもう熟睡していました。私は小さい頃からベッドに入ると、考え事をしてしまい中々寝付けない子でその日も考え事をしながら、上の方を見ていました。だんだんと暗い部屋の中でも目が慣れてきたので、寝たままの姿勢で何となく部屋の中を見回すと視界の端に黒いものがフッと見えました。

一瞬ドキッとしましたが「何かな・・・」とその方向に目をやると上段から垂れ下がった姉の髪の毛でした。「な~んだ」と思い視界を戻そうとした時、「んっ!」と違和感を感じました。もう一度、その方向を凝視すると姉の髪の毛の長さがあきらかに増えているのです。20cm位。怖くなって少しのあいだ目を閉じ、でも気になってうっすらと目を開けました。それは髪の毛なんかじゃなく…顔でした、明らかに姉とは違う、カチューシャをした女の顔でした。それが二段ベッドの上から、逆さまに覗き込むようにしてこっちを見ていたのです。

全身の筋肉がいっきにググッとなってすぐに金縛り状態。息をするのもやっとでした。このままじゃ駄目だと思い、力いっぱい目をつぶり「ママン!」と腹の底から叫び凄い勢いでベッドから飛び出し、急いで母の部屋に飛びこみました。その日は母と寝て。その家を引っ越すまで必ず姉より先に寝ていました。女の顔は今でも覚えています。例えると谷〇子から笑顔を省いた感じで、真顔の谷〇子。だから谷〇子を見ると、今でもゾッとする時があります。

メールアドレスが公開されることはありません。