新車なのに曰く付きの真っ赤なプレリュード

6月のある日曜日、早朝友人のBからの電話で俺は目を覚ました。電話にでるといきなりBは「これからドライブしようぜ。」と誘ってきた。何なんだこいつは、思ったが、Bは嬉しそうに「新車が届いてさ、慣らしがしてーんだ。」と言う。俺も新車と聞いて見てみたい衝動にかられて、ついついOKをだした。

1時間もたたないうちにBは到着した。焦って準備をすませ、Bの待つ空き地に着くとそこには真っ赤なプレリュードが止まっていた。「すごい形だな」と、言う気はなかったのだが、つい口が滑ってしまった。Bは良いほうに受け取ったらしく、照れていた。俺とBは立ち話も程々にして、車に乗り込み行き先を検討し始めた。Bの希望もあり、行き先は長野に決定した。15分程走り、中央高速に乗っかった。外見と違い乗り心地はすこぶるいい、それから俺は駄目だろうなとは思いつつBに聞いた。
「もちろん禁煙だよね。」
即答で
「吸ったら殺す」
俺は笑いながら、へいへいとうなずいた。

高速に乗ること3時間半、長野市内に到着し、昼飯をすませ、かるく市内観光をした。善光寺をまわった頃には、4時を過ぎておりそろそろ帰ろうという事になり、車に向かった。帰りは下道を使う事にしたのだが、この辺は二人とも土地勘が無いために、地図を見ながら帰る事にした。1時間程走り、わりと新しめの道路へと出た。その道を走りだしてすぐに、奇妙な事が起こり始めた。

地図を眺めていると、小さな声で「おーい」と聞こえる。俺はてっきりBだと思い「なに?」と聞き返した。Bは「なにが?」と逆に聞いてきた。空耳だったのかと思い「気のせいみたい」と答えると、今度は逆にBが「なんだよ」と聞いてきた。「なんも言ってねーぞ」俺はそう答えると、Bが首を傾げていた。二人で黙ると今度は、わりと大きな声で「おーい」と聞こえた。俺達二人は同時に「聞こえたよな」と言った。

俺は気味が悪くなり、Bにバックミラーで後ろを確認してくれと頼んだ。Bは嫌々ながらも確認し「なにもいねーぞ」と言った。俺は後ろを振り返り、自分の目で確認したのだがなにもいない、でも聞こえたよなと、Bと話していると
「おーい、ここだよっ」
Bはスピードを緩め、二人で声の方を確認した。全開にしているサンルーフに目をやると男がしがみつきながら「ここだよっ」と笑っていた。それを見た二人は大声を上げ、Bはアクセルを全開にしながら、サンルーフのボタンを押していた。

驚きのあまりしばらくは黙っていたが、Bはまったくスピードを落とす気配が無かったため、声をかけスピードを落とすように促した。しばらく走り二人とも落ち着いて話し始めた。「あれはねーよな」などと話している内に燃料が切れそうなのに気づいて、通りのスタンドに車を入れ、ついでに飲み物でも買おうと二人で車外に出て、ふとサンルーフに目をやると10本のひっかぎ傷ができていた。それを見たBは「せめて手形にしてくれよ」とうなだれていた。帰りのプレリュードは喫煙車にかわっていた。

それから1ヶ月が経過した頃、Bから電話があり話があるから会いたいという。断る理由もないので、俺はOKした。9時頃着くから駅まで迎えに来てくれと頼まれておかしいなとは思いながら、俺は車で駅に向かった。駅でBを拾い「歩きなんて珍しいな」と聞くと、Bは一枚の葉書を見せながら「免停」と言った。それを聞いて俺は笑い出してしまった。部屋に付いて、詳しく聞いてみると、オービスでやられたらしい、39kオーバーだそうだ。

Bによると、そこにオービスがあるのは前から知っていたため、いつも必ずスピードを落としていたのだが、その日は何故かボケッとしていたらしい、本人は妙な感じになっていたと言うが。オービスの前を通過した瞬間、赤い閃光が走りその光でBは、我に返ったらしい。2週間ほどたち、出頭命令の葉書が届き、呼び出しに応じて今日出頭したそうだ。否定する材料もないので、全て「はいはい」で済ませるつもりでいたのだが「これがその時の写真です」と言われて1枚のコピーを見せられ驚いたらしい。

一人で乗っていたはずなのに、隣に誰かがいる。それも見た事もない女。Bは確かにスピード違反はしたがその時は一人だったと警察官に主張した。そう言われた警察官は、あっさりと「彼女がいっぱいいると大変だね」と笑い飛ばしたらしい。どんなに写真を見ても思い出せない。Bは焦りながら何度も写真を見直したそうだ。それを聞いて俺は「ほんとに誰も乗せて無かったのか」と尋ねたが、Bは乗せてないの一点張りだった。Bにどんな風に写っていたのかを聞いてみた。Bによるとその女は、じっとBを見つめていたらしい。

しばらくしてBはつぶやいた。
「心霊写真かな」
それを聞いて俺は「それしかねーよな」と答えるしかなかった。Bはあの車がいけないのかもしれないと言い始め、俺は「新車だからそれはないよ」となだめた。Bは俺を見ながら「今からお前の車で試さないか」と言われたが、俺は丁重に断った。

免停も終えたBはその日、仕事で都内隅田川沿いに建つマンションの完成予備検査で、指摘された箇所の補修のため後輩を乗せ、マンションに向かった。Bの仕事は電気工事の代理人で、補修といっても電球の球を交換する程度のものだったらしい。現場につき、塗装屋の車の隣にプレリュードを入れ作業に取りかかった。そのマンションは20階建て以上で、2棟が連なるタイプだった。

車を止めた側の、反対に位置する棟から作業を始めたらしい。30分程たって作業を終えた部屋から出てくると外が救急車の音で騒がしくなっており、それが隣の棟であることに気づいたBは、後輩と共に隣の棟に急いだ。駐車場に向かうと、工事関係者で人だかりができよく見えない、後ろにいた関係者に聞いたところ塗装屋さんが、19階の廊下の補修中に、バランスを崩し転落したのだそうだ。ほぼ即死だったらしい。

それから救急車が出ていき、転落場所が気になったBは、人をかきわけ前にでるとそこには無惨な形のプレリュードの姿があった。屋根は無惨な形にへこみ、フロントガラスの部分には大量の血が流れていた。Bはその場にへたり込み、思わず「塗装屋さんせめてもう少し横だろ」そうつぶやいたらしい。気持ちはよくわかる。

Bは知り合いの、修理工にプレリュードを売り渡した。俺達はてっきり廃車だと思っていたのだが・・・今そのプレリュードは白に生まれ変わり、都内の中古車屋に流れたそうだ。この車は次のオーナーに、どんな奇妙な現象をもたらすのだろう。

余談。
Bの知り合いの修理工だけど、そこで車の修理を担当した従業員が、修理後亡くなったそうだ。


メールアドレスが公開されることはありません。