田舎の家の真っ黒い客人

田舎に祖母の家があり、幼い私は夏休みなので母親とそこへ遊びに行っていた。
うとうとしていた私がふと目を覚ますと、母親が皿を片手に目の前に立っていた。
母は無表情で皿を差し出して、「白菜を甘く煮たやつ(当時の私の好物だった)だよ」と言う。
でも皿の上のはどう見ても白菜じゃなくて、見たことのない野菜。
それにしつけに厳しい母親が、ご飯時でもないのにご飯を食べさせるなんておかしい。
そう思って私は拒否したけれども、いつもと違う母親の様子に負けてそれを食べた。
甘くもなく、野菜特有の臭みもなく、ものすごくみずみずしい。
なんだったんだろうと思いながら、再びごろごろを再開。




しばらくして、今度は玄関で「すみませーん」という声が聞こえた。
田舎の家なので、玄関は開けっぱなしで近所の人が入ってくるのも珍しくない。
母親が玄関に向かってお客さんと親しげに話し始めた。
こちらに母親の知り合いもいないのにおかしいなと思いながらも、私は相変わらず横になっていた。
玄関とは少し距離があるが、昔の家なので玄関は広いからよく響く。
玄関と私がいる部屋は、すりガラスでできた引き戸と仕切っているだけ。
私はその引き戸にぴったりくっついてごろごろしていたので、玄関の声がよく聞こえた。

「あれから3年も経ちましたねーあと3年ですか」
「イビナを甘く煮て食べさせて下さい…」
相手の人がそうしゃべっているのをぼんやりと聞いていた。
その時、母親が何を思ったのか、私のいる部屋に戻ってきた。
手には先ほど食べさせられた野菜を持っていた。相手の人は話しながら、一緒に部屋に近づいてくる。
ただ、なぜか私のいる部屋には入れないようで、戸口で立って母親に話しかけ続けてる。
その時に、ふと不審なとこに気がついた。

まず、すりガラスのところにいる私に気が付いていない。(すりガラスなので、入らなくても子供がごろごろしているのは外からでも分かるはず)
もうひとつは、厳しい母親が、挨拶しろ、人前でごろごろするなと怒らない。(むしろ母親も私のことを無視している)
そして最後だけど、その人がすりガラス越しだけど真っ黒だったこと。
夏場なのに半そででもないし、まず顔の所も真っ黒。しかもなんか動物の匂いが強い。
母親はその人が入ってこれないことを知ってるのか、椅子に座って何かを始めた。
返事をしなくても相手の人は色々話続けてる。どんどん話している内容がおかしな方向に進んでいる。

しばらくたってから、急に第三者の声が聞こえた。
二人の声は急に低くなって聞こえずらくなったけど、どうやら第三者が黒い人を説得しているようだった。
しばらくして黒い人は家から出て行った。

それからまたしばらくして、祖母が部屋に入ってきた。
「もう大丈夫だからね、○○さんが対応してくれたから」
と、祖母が母親に言っているのが聞こえた。
その時気がついたんだけど、蝉の鳴く音とかそういう音が今までしてなかった。
祖母が入ってきてから、家の雰囲気が一気に元に戻った感じがした。

長くなりましたけど、私の幼いころの不可解な記憶です。

『田舎の家の真っ黒い客人』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/11/05(土) 13:18:54 ID:U3Mjc1NzU

    狐や狸などは難しい話や長話は出来ないので、言ってることが不明瞭になったり繰り返しになると何処か(遠野物語?)で読んだ覚えがあるけど、これと同じか
    油揚げとか魚等、欲しいものがあるとこうして人をたぶらかす。
    お婆さんがお祈りして来てもらったのが第三者かな

メールアドレスが公開されることはありません。