毛玉の美女

小学生の頃、山奥に住んでた俺は一人だけバス通学だった。
ある日、間違ってバスを途中で下りてしまい、いつも帰宅ルートを半分程歩いて帰るハメになった。
舗装道路は一本なので迷う事は無かったが、周囲には民家も無く、まず人も通らない。
しかも道路は急な傾斜を腸の様にクネクネ曲がりながら続く上り道で、体力的にもキツかった。
俺は半泣きで歩き続けたが、坂を上り切った頃には完全に日が暮れていた。
坂道を上り切るとあとは平坦な道を進むだけだったが、それでも長い道のり。
もう完全に泣いていたが、俺は泣き声が山に響いて怖いので、必死に堪えながら歩き始めた。
道沿いの電柱にはポツポツと外灯が光っていたが、周りはほとんど暗闇だった。




歩き出そうとした俺は、そこで道路脇にある小さなお堂に気付いた。
道路の両脇は高いススキが生えていて、お堂はススキの奥の方に立っている。
バスに乗っていた時は気付かない位置で、見つけたのはその時が初めてだった。
月明かりでぼんやり浮かぶお堂は、子供心に恐怖を感じさせるもので、俺は疲れた足のままお堂から離れようと歩き出した。
すると、お堂から「キィ~」と扉の開く様な聞こえた。
もうお堂を見るのも怖く、離れよう離れようと思ったが、足は疲れて思う様に動かない。
多分、悲鳴みたいな声を上げていたと思う。
恐怖のドンゾコにいた俺を救ったのは、頭を優しくポンポンと撫でる手だった。

顔を上げると、俺の横には丸く白い毛玉の様なものがいた。
毛玉からは細い女性の様な腕が一本突き出ていて、それが俺の頭を撫でていた。
恐怖から一転、「?」という心境になり、毛玉を触ると物凄くフワフワしていたのを覚えている。
毛玉の一部は覗き窓の様に細く開いていて、そこから顔が見えた。
多分女性だが、両方の目尻にホクロの様なものがあり、それが月明かりで光っていた。
怖くなかったのは、すごく優しい目をしていて、浮世離れしたレベルの美人だったからだろう。
いつの間にか涙が止まっていて、気が付くと家から5メートルくらいの場所にいた。
疑問よりも家に着いていた事が嬉しく、俺は「ありがとう」を連呼した。
状況的に考えて、毛玉の人が連れて来てくれたんだろうと察していた。
毛玉の人は出現してから立ったまま動かず、俺の背中を軽く押して家に帰る様に促してくれた。
だが、家が近くなって安心した俺は、馴れ馴れしく手を握ったりしてモタモタしていた。
すると、毛玉からもう一本腕が出て来て、俺の頭を撫でてくれた。
そして、「また戻って来るんだよ」と言う女性の声が、毛玉の中で篭った様に聞こえた。
「どうして?」と俺が尋ねると、「兵隊さんになったら、私を思い出しなさい」と言われたと思う。
多分、その時の毛玉の人は泣いていた気がする。
「お姉ちゃん誰なの」と尋ねると、「大人になったら分かるよ」と言われた。
やがて家から婆ちゃんが出て来て、俺は家に戻った。
婆ちゃんに毛玉の人は見えておらず、俺が手を振って「さよなら」とか言うと不気味がった。

結局、誰に何を聞いても分からず、中学生になってからお堂にも行ったが、中は空っぽだった。
俺は自衛隊でもないし、傭兵になる予定も無し。
今は引っ越して別の県に住んでいるが、子供の頃の品を整理していて思い出し、書き込んでみた。

『毛玉の美女』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/06(水) 18:27:23 ID:E1NDg2MDQ


    なんだよ、いい話過ぎて裏山

  2. 名前:通行人 : 投稿日:2016/02/02(火) 21:34:51 ID:c1MzkyMzI

    でもある意味怖いね、日本でもいつかまた戦争が起きるんだろうか…

メールアドレスが公開されることはありません。