タグ別アーカイブ: 神社

アンガールズ山根みたいなやつに憑かれている

2015-07-28   心霊

今年のはじめごろなんだけど、夜の六時過ぎに帰宅中、なんか妙な人がいるなあって思ったんです。 何が妙かって言うと、異常に背が高くてひょろい。 アンガールズ山根みたいな奴だったわけです。 その人は横断歩道のところで、ジーっと […]

岐阜の単眼オヤジ

2015-07-22   妖怪 管理人イチオシ

遠縁の田舎へ連れて行ってもらった時の話。 俺が小学2年、弟が幼稚園の時。 場所は岐阜県、他県と接する山間の村。 俺たちは、山の中腹にある神社の境内でセミ採りをしていた。 近所の子供たちは勝手知ったる場所だから、ずっと奥の […]

山奥の廃神社で見た変なもの

2015-07-13   妖怪 管理人イチオシ

当時俺は小学5年生だった。 祖父がガンで死んでしまったので、急遽東北のド田舎に帰る事になった。 お葬式もなんなく終わって、大人は片付けがあるからお前は散歩してこいと言われ、祖父母の家の裏手にある山を散歩する事にした。 こ […]

神社の境内で

2015-07-07   怪異

うちのばあちゃんが子供の頃の体験談。 家から歩いて10分ほどのところに神社があったそうだ。 その神社の境内は子供の遊び場になっており、近所の子供達といっしょによく遊んでたらしい。 ある日、夕暮れも近づいてきたのでそろそろ […]

神社の中を覗いた記憶

2015-06-25   怪異

不思議だった経験。 二年ほど前、夜中に小腹が空いて、部屋でカップうどん食ってたのね。 そうすると、な~んか変な感じがあってさ、人に見られてるようなそんな感じ。 ふっと横をを見たのよ。 そしたら、何かたんすの前のあたりの空 […]

山の神に魅入られる

2015-06-21  

小学校5年生くらいの頃の話なのですが、私が祖母の家に遊びに行った時の話。 当時私は夏休みになると、祖母の家に何週間も泊まりに行くのが定例となっていて、地元の子供達とも、夏休み限定の友人として結構打ち解けていた。その年も友 […]

指の骨 その3

2010-02-17  

そして夜が訪れた。朽縄様はいつどこに、どんな姿で現れるのか見当もつかないと言う。わしは少しの物音で緊張の糸が張ったり弛んだりしていた。夕飯もあまり食べられんかった。 飯の後、父親と一緒に風呂に入った。―――風呂の戸を開け […]

指の骨 その2

2010-02-17  

女はその蛇の目をパチパチさせると、急に細長い手足をあり得ない方向に曲げだした。まるで糸の切れた操り人形のように、はたまたゴム人形のように、ぐにゃぐにゃと、でたらめに関節を曲げるのだ。更に最も不気味だったのは、女が首を横に […]

もらってはいけない「オマモリ」 その2

2010-02-06  

朝になって、義父がH神社の宮司に電話をかけ、宮司が家に駆けつけた。宮司は、暴れる妹の姿を見て苦笑しながら、「あれはどこだね?」と義父に尋ねた。義父は、私と夫に、「何か御守の様な物をもらったか?」と訊いた。私は、飾り棚の上 […]

【とある廃神社で】失った記憶 その2

2010-01-20   怪異

以上、記憶はここまで。 次の瞬間俺は病院にいた。 エッと思って起き上がろうとしても起きあがれない。一生懸命起き上がろうとしたら、足にギプスがはめてあって、腕には手首に包帯。急に全身に鈍い痛みが走って、「うぉぉ」って小さい […]