墓に現れた影の巨人

昭和55年の夏の出来事。

当事、田舎育ちの小学生の私はカブトムシやクワガタを採る事に夢中でした。
山や森林、農耕地にいたるまでポイントを知り尽くしていた私は朝に夕に自転車で回り乱獲していました。
その量たるや、子供一人が採る数ではなく、我ながら多少罰当たりではないかと感じていたと思います。
飼いきれないのでパックに形の良い雄5匹づつ詰めて青果市場に持って行くとおじさんが一匹につき100円で買ってくれました。
おかげで私は小学生の分際で、親に内緒で10万くらい溜め込んでいました。
小さい個体やツノの短い豆カブトなどは友達や近所のチビっ子達にあげていました。

その日も採取ポイントを巡り帰途につきました。
辺りは夕暮れでそこら中まばゆい黄金色に輝いていたのが印象深いです。天候なども影響するのでしょうが稀にそういう日ってありますよね。
自転車でガタガタの山道を抜け、民家がまばらに見える舗装路に入り、左右の安全確認をしたその時、奇妙なモノが見えました。
今思い返してみてもアレが何だったのか正確にはわかりません。
ソレは距離にして約100m先の道沿いに、大きなお墓と、人が住んでいるかもわからない安っぽい造りの民家の前に立っていました。




夕暮れ時なのに光の反射が全くなく、全身真っ黒なソレは手足が異常に長く、まるでクモザルのようなスタイルでした。
ただ身長は軽く3mは超えていました。
見た瞬間、口の中に変な味が広がり、視界はさらに黄金色になり、皮膚感覚も蒸し暑い空気が身体に粘つくようでいて…寒い?
ただ単に大きな動物と遭遇したのとは違う、あまりの非日常な違和感に体が動かず、どうしていいのかわかりませんでした。
もし見た目通りのスペックなら逃げられるとはとても思えません。

ソレは本当に真っ黒で表情も何もわかりませんでしたが、私との遭遇に驚いていませんでした。

そう感じたとしか言いようがありませんが、ソレは私の出方を楽しんでいたように感じました。
何かワクワクしているような…何かしなければと思いはしましたが、相手の意図がわかりませんし、下手をすると藪蛇になりかねません。
時間にして3分ほど経った頃ソレは長い手足を器用に使い大きな墓石を乗り越えて薮の中に消えていきました。
私はソレを失望させてしまったように感じました。
私は何か、千載一隅(せんざいいちぐう)のチャンスを逃してしまったのか…はたまた何もしなかった事が、一番よい結果だったのか…
現在でも何かにつけその事をよく思い出します。

情景も当時感じた細やかな記憶、目をつぶると石ころの数まで数えられそうなくらい脳裏に焼き付いています。それくらい強烈な体験でした。
しかしソレが何なのかは本当にわからないのです。見た目だけで強いて言うなら大きな蜘蛛っぽい類人猿でしょうか…
UMAのようなものだと無理矢理思い込もうとした事もありましたが、やはり光を反射しない毛皮の動物なんて存在するとは到底思えません。
そういえばその現場から200mほど行った先で、野生の真っ白な尾長鶏(おながどり)を見た事があります。
霊的に特別な場所なのかもしれませんね。

現在200kmほど離れた場所に住んでいますが、次の日曜日にでも訪ねてみようと思います。

『墓に現れた影の巨人』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/10/17(土) 00:52:22 ID:Y5MTAwMDA

    所謂スレンダーマンですね!!

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2015/10/18(日) 00:14:26 ID:MwMzAwMzc

    スレンダーマンってなんだよと思ってググったらほんとにそんな感じだな

  3. 名前:匿名 : 投稿日:2015/10/30(金) 12:16:05 ID:M2NTkwMTE

    コワイ!

  4. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/11(月) 19:00:13 ID:ExOTk4Mjg

    ・Wikiから
    2009年にサムシング・オーフル・フォーラムにおいて利用者エリック・クヌーゼンが創り出した架空(フィクション)のキャラクター。
    エリック・クヌーゼンが著作権登録してるので御注意されたい

  5. 名前:匿名 : 投稿日:2016/07/01(金) 11:34:23 ID:IwOTA1OTQ

    クモザルかな

メールアドレスが公開されることはありません。