霧の夜の蟹

東北の田舎で体験した話。

自分が仕事している地域はこの時期、夜中に霧が出ることが多い。
田舎で道も暗いので、霧が出ている時は視界が悪くて車の運転が怖いくらいなんだ。

その日は深夜2時頃に仕事が終わって、家に帰ろうと車に乗って会社を出た。
やっぱり霧が凄くて前が見えないのでゆっくり走ってたんだが、五分くらい走ったとこで会社に忘れ物をした事に気付いて戻ることにした。

ちょうどUターン出来るスペースまで走ったら、轢かれたタヌキの死体があった。
この辺りはタヌキや野良猫が多く、車に轢かれてしまうのも珍しくはないんで、その時は気にも留めなかった。
その道で轢かれた動物を見ることも多かったし。

会社に戻り忘れ物を取ると、さっきと同じ道を走った。




さっきのUターンした辺りで携帯に着信があったので、車を寄せて止めて電話に出る。
大した用じゃ無かったので、また車を出そうとしたら、ライトが照らすぎりぎりくらいの位置に、さっきのタヌキの死体があった。
そして、その数メートル横の田んぼと道路の間で、何か大きい物が動いている・・・
霧でよく見えないが、それは大人二人がしゃがんだくらいの大きさで、
ギクシャクと奇妙な動きで、田んぼから道路に上がろうとしているように見えた。
ライトの明かりにそれが近づくにつれてはっきり見え始めたそれを、自分は蟹だと思った。
そんな大きい蟹が居るはず無いと分かってるんだけど、横に広い胴体?に上を向いた楕円形の突起が二つ、横に付いた脚を動かして動いてるのが分かったから。

怖いと言うか不思議な感じでじっと見ていると、急にそいつが、ざざざざざと言うような感じで素早く動いた。
そして、凄い速さでタヌキの死体を掴んで車の前を横切ると、霧の中に消えてしまった。

それは蟹じゃなかった、なかったんだよね。
坊主頭で異常に白い裸の人。
体の右半分と左半分がくっついた、二人で一体になってる奇形のようなやつ。
蟹の目玉のように見えた楕円形の突起は、二つの頭だった。
それが蟹のように四つん這いで横に動いてた。

それから、霧の出てる日はその道を避けてる。

ちょっと思ったのは、その道でよく動物が轢かれてるのは、あいつのせいなんじゃないかって。
数年前に高校生が飛び出して車に轢かれた事故も、
もしかしたらあの蟹人間?に追いかけられて・・・とかだったら怖いなと。

『霧の夜の蟹』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/11(月) 19:53:47 ID:ExOTk4Mjg


    人が二人くっついたように見えただけで、
    本当は、アジの干物みたいにパックリ割れた奴だったりしない?

メールアドレスが公開されることはありません。