山を仕切る一本だたら

『遠野物語』に登場する霊峰・早池峰山の主は女神だが、実質お山を取り仕切っているのは怪物だという。
んで、この怪物というのが面白い奴で、顔が三つあり、一本足のデカい怪物、通称『三面大黒』なんだそうだ。
個人的にはこいつもヤマノケも、イッポンダタラの類ではないかと思っている。




昔、遠野周辺では金山が非常に賑わっていて、
そこで産出された金は、奥州藤原氏の建てた中尊寺金色堂にも使われたらしい。
北上山地はとにかく鉱物資源が豊富で、北上山地を越えれば日本有数の鉄鉱山である釜石鉱山もある。
この釜石鉱山では餅鉄という非常に良質な鉄が採れ、日本初の反射炉による近代製鉄もここで行われた。

で、このイッポンダタラという化け物だが、これは元々山師だったらしい。
コイツが一つ目なのは、長年熱く焼けた鉄を見るうちに、片目が潰れたからだという。
コイツが一本足なのは、鉄に風を送るふいごを踏み続けて、片足が腐ってしまったからだという。

まぁコイツが件の話のように、人に取り憑くかは知らんし、
コイツが製鉄に携わる山師だったと言う話も、
元々そういう異様な姿だったのに、後から人々が理由をつけただけかもしれん。

ちなみに、コイツは今も全国に居て、
最近でも、田んぼに残った足跡が発見されて、話題になったりしてるらしい。

遠野物語によると、この主とやらは人のモチや酒を勝手に飲み食いするだけで、特に御利益みたいなもんはない。

で、この怪物の話は、わが町にもよく似たようなのが伝わっている。
わが町の伝承によると、この怪物は頭のてっぺんに口があるそうで、正体は山姥だという。

ある夜、ある寺の和尚が囲炉裏でモチを焼いてると、こいつが来て片っ端からモチを食ってしまった。
その怪物はそれから毎夜毎夜現れるようになり、勝手にモチを食うわ恐ろしいやらでかなわない。
そこで和尚が一計を案じて、白いゴマ石をモチみたいに囲炉裏で焼き、徳利には酒の代わりに油を入れておいた。

んで、その日もこの主とやらが来て、ゴマ石をモチだと思って頭の口から食ってしまった。
和尚がすかさず酒を薦めると、口の中で油が発火し、この化け物は悲鳴を上げて寺を飛び出していった。
しかし、内臓を悉く焼かれたこの化け物も巣には帰りつけず、ついに道端で力尽きた。

で、天日に炙られてこの化け物の死体が腐敗し、物凄い異臭を放つようになった。
で、ケガレを嫌う早池峰の主が、洪水を起こしてこの化け物の死体を押し流してしまった。
この洪水は麓の町をも綺麗さっぱり洗い流し、化け物の死体もバラバラになってどこかへ流れていった。

この洪水の時、荒れ狂う泥水の中を、白いお髭の老人が流される家屋の上に泰然と座り、流されていったという。
んで、後に「この白い髭の老人はここらの神様であろう」といって、
それ以来、北上川の洪水を白髭水と呼ぶようになった。

『山を仕切る一本だたら』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/13(水) 00:30:05 ID:MyMTc4MTU


    大洪水の生存者が見たのかな?
    坊さんが出てくるのに、法話じゃなくてトンチ話だし、神様どこかに流されちゃうし
    んー、呪われた土地系の説話なのかな?

メールアドレスが公開されることはありません。