お盆に見た着物集団

人生で一番奇妙な体験をしたのは二十歳前後。
大学時代、夜中に大学のある京都から大阪の自宅へ、ドライブがてらに車で友人たちに送ってもらった時のことだ。

もう午前1時を過ぎていた。自転車を最寄の環状線の駅に停めていたので、家ではなく駅まで送ってもらい下車した。自転車で家までの12,3分程度の道のりを走っていたのだが、深夜にもかかわらず無性に人に会った。家に帰るまでに6~7人ほどは見かけたと思う。一応都心であるが、住宅地なので大通りから内へ入った帰宅路ではそんなに人には会わないはずだ。もう夜中の午前2時前だし・・・。今日はなんかお祭りだったっけ?だからいっぱい人がいたのかな・・・?と家に帰ってから考えた。

なぜなら全員着物(ゆかた?)を着ていたし、会ったのは全員子供かおじいさんだったので。でも気にかかることがある。それは全員たった1人で立っている。50メートルに1人に出会う間隔。それも家の前にボォ~と立ってたり、電柱の横に立ってたり・・・見かけた子供も、近くに親も友だちもいないのにおかしいな・・・と思って、ふとカレンダーを見た。その日はお盆だった・・・。

『お盆に見た着物集団』へのコメント

  1. 名前:通りすがり : 投稿日:2018/01/30(火) 19:22:27 ID:I0MDM5NzY

    せっかくお盆で帰ってきたのに、中に入らないのか…なんか物悲しいな…

メールアドレスが公開されることはありません。