飼育小屋の謎の軟体生物

10年以上経っても不思議な生き物。小学生の時飼育係が回ってきた。1日当番制でもう1人いたがその日は欠席。昼休み時間に1人で飼育小屋に行った。

餌やり終わって外に出たら、放置されてる洗面器に目がいった。雨水だと思うけど水が溜まってて、その中で何か動いてる。しゃがんで顔を近づけたら、縦3センチ横1センチくらいの薄い肌色っぽい生き物がうねうね動いてた。ナメクジかな?ナメクジってこんな色だっけ?と見てたら、水の中で緩く回転しながらもがくようにうねってたんだけど、その生き物片側にだけ小さい目玉があった。
で、目が合ったと思ったら動くのをやめた。気持ち悪い生き物発見した!友達に言わなきゃ!って思って、教室戻って話したら放課後見にいこうって事になり、放課後わくわくしながらすぐ見に行ったら、
何故か洗面器がひっくり返されていて、今まで見たこと無い量の蟻が多分その不思議な生き物に群がっていた。確認したかったけど、さすがにあの量の蟻を払いのける気力は無かった。

今当てはめるとするなら、分離してちっちゃくなって目玉しかついてないミギーにソックリだったんだけど、あれはなんだったんだろう。

『飼育小屋の謎の軟体生物』へのコメント

  1. 名前:7c : 投稿日:2016/11/04(金) 22:58:42 ID:kxMDQ0MDI

    縦に半分に切って、再生能力を観察中のプラナリア
    猫がひっくり返しちゃった

メールアドレスが公開されることはありません。