山姥についての一つの考察

知り合いに伝え聞いた、山姥のお話。

昔の山村ってさ、本当に交通網が発達してないのね。隣町に行くって言っても、徒歩で本当に峠も何回も超えなきゃ無理ってのも普通だったらしいね。そんな山村の付近の山に住んでたという山姥。この山姥が標的にしていたのは、主に外部から嫁いできたお嫁さんだったらしい。山姥のテリトリーの山に入ると、お嫁さんが忽然と消えてしまうことがあったそうだ。消えてからしばらくすると、山村に着物の一部と骨の一部だけが届いているということも。若い女子を食う山姥ということで、恐れられてたそうだ。

というのは上辺の話で、実は、山姥は嫁ぎ先でひどい目にあって、それでも手段がないせいで逃げられないというお嫁さんを、こっそりと逃がしていたそうだ。この話をしてくれた知り合いの知り合いが、実際に逃がしてもらったとかそうじゃないとか。

『山姥についての一つの考察』へのコメント

  1. 名前:7c : 投稿日:2016/10/24(月) 17:18:17 ID:YzODQ4MjA

    というのは上辺の話で、変質者が・・・
    というのは底辺の話で、きれいなべべ着てたらふく喰える良い所(貴人の館)にリクルート

メールアドレスが公開されることはありません。