血を流している私とすれ違った

10年くらい前当時付き合っていた彼女と無事婚約も済ませ、双方の家族で温泉に旅行へ行きました。私が車を運転して彼女は助手席に座っていました。運転に疲れた私は、彼女に運転を変わってもらって助手席で少し眠ることにしたのですが…運転していた彼女が突然短い悲鳴をあげました。

私が、どうしたの?と聞くと彼女は何でもないと言いました。しばらくして、また彼女の短い悲鳴が…今度彼女は、もう運転したくないと言いました。私が運転を交代して、彼女にいろいろ聞いたところ、すれ違った車の運転手と目が合ったんだよ…
あれは…血を流している私だった…」彼女は小刻みに震えながら脅えていました。不思議なことは、こればかりではなかったんです。

そうこうしているちに、温泉へ到着…。場所はF県I坂温泉(ホテルの名前はご勘弁を…)私は夜中に温泉に入るのが好きなんです。いつものように夜中一人で温泉に入って頭を洗っていると、脱衣所の扉が開いて私の後ろを通って誰かが温泉に浸かる音がしたんです。ああ誰か入ってきたんだな。と思って自分も温泉に入ろうと思い人が入ったと思われる場所を見ると誰もいない…。気味が悪くなり温泉に入らず脱衣所でそそくさと浴衣を着て走るように部屋へ向かいました。部屋に向かっているときに、耳元で”これですんだと思うなよ”と言う声が聞こえました。確かに女性の声でした…。そのことは誰にも話しませんでした。

旅行も終わり3ヶ月後…突然、彼女は交通事故でこの世を去りました。私と結婚する2週間前でした…

『血を流している私とすれ違った』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/09/12(月) 22:46:30 ID:Q4MjgzODk

    「ええっ!それは気のせいじゃなくて?怖いねえ、運転替わるよ休んでてね」

    (わからん、対向車の運転手なんて見る?)

メールアドレスが公開されることはありません。