先祖の呪縛

どうも自分の家系は、父母共にえらい因縁やら怨念を引き継いできたそうだ。以下、寺の住職が自分や、あるいは親に話したもの。
まず母方の家系には、稲荷信仰をやってた先祖が憑いていると言う。ただ、少し長くなるが、それは悪い狐が憑いたとか、そういう話ではないらしい。「そもそも理解している人間が少ないが」と前置きされたのは、「『神』は万能でも無ければ、無限に力を持っている存在ではないんだ」という事だった。


お稲荷様に限らず、誰かがお祈りやお願いに訪れると、神はその願いをなるべく叶えてやろうと考え、参拝者に力を貸してやる。ところが、ここで『借りた力を返しに来ない者』が必ずいる。願いが叶った、努力が実ったと、お稲荷様等の神様にお願いした事を忘れる。その話を聞いて、「その無礼な態度に怒って害を為すのか」と聞くと、そうでも無い。

この段階では、稲荷神は別に何をするでもなく、順番に力を貸してやるのだが、そのうち、本人(本神?)の力が足りなくなってきてしまう。こうなるともう、新しい願いを無視するか、先に力を貸した人から、無理に返してもらうしかない。つまるところ、『借金の取立て』。今風に言えば『不良債権整理』だ。 稲荷信仰にどっぷり使っていたその先祖(商人)も、最初は上手くいっていたが、そのうち『取り立てられる』側に回り、何もかもがうまく行かなくなって、身代を潰したと言う話だった。まずそいつの借金と、感じている悔しさ、辛さが圧し掛かっていると言う。

今度は父方の家系。こっちはもっと深刻だ。戦国時代だか何時代だかは解らないものの、私の先祖は位の高い武将……ではなく、そいつを討ち取ったようだ。ただし、それは戦場での事。もちろん褒美も出ただろうし、功を挙げて名も立っただろう。だが、討たれた武将の家はそれで完全に傾き、一族郎党が路頭に迷い、最終的にどうにもならず、全員死んでしまった。これにまず恨まれている。

ところが当の先祖自身すらも、その事によって出世したは良いが、彼自身か、その子孫なのかは良く解らないが、父方の先祖もまた、高い地位を与えられた事による責任から、心労でダメになって家を潰した。「毎日生きた心地がしなかった上、今でも辛い。助けてくれ」と泣きついてきていると言う。辛い辛いだけで、子孫に八つ当たりしているのだ。

まだある。他には、詳細は覚えていないが、その先祖は正義感が強く、周囲の窮状を見て奮起し、世の為人の為に頑張っていたそうだが、理想に実力が伴うかどうかは別の問題で、途中からどうにもならなくなっていった。(先の討ち取られた武将一族の恨みとかが原因かも、等とも)周囲の人間に失望されると自棄になり、「俺はこんな頑張ってるのに何でだ。あんなに頼ってちやほやしたくせに、何で掌を返すように冷たくなるんだ」と嘆いた挙句、自殺。そいつがまた「お前らも俺と一緒になっちまえ」と、自分の子孫を呪っている。他にも殺された赤子やら(母方のお婆ちゃん曰く)、性悪女やら、あんまりな内容で、それももう覚えきれないほどゴロゴロ出てくる。

流石に、幾らなんでも理不尽すぎると腹が立った。とにかく、内容に八つ当たりや逆恨み、自分が原因であるパターンが非常に多い。戦場で討ち取られて恨むなんて、侍のくせに潔くないと反発を感じたり、自分が自殺したからって何で子孫を同じめにあわそうとするんだ、と。
そんな自分の言葉に答えて住職は、「そもそも怨念や因縁が、理論的なものな訳無いじゃないですか。殆どの場合、それは逆恨みや難癖で、相手に非があろうが無かろうが、相手はそんな事に関係無く、一方的に暗い感情を溜め込むものだし、対象を不幸にしたって、それで気が晴れたりなんかはしない。数人で恨みを晴らして成仏するようなら、まだ良心的ですよ」と言う。

まさしく『末代まで呪ってやる』の世界そのもの。更に都合が悪いのは、親戚を見回しても、自分と同世代が一人も居ない事。妹が一人居るが、男性は自分一人。何人かは結婚しているが、子供は一人も居ない。本人達が望んでいる場合でさえも。結局、父方と母方で別々に受け継がれてきた怨念(?)的なものは、最終的には、全部自分か妹へ、特に自分に来る可能性が高いと言われた。まぁ、それだけなら迷信乙と言って済ます事も出来たのだが。じゃあ、実際のところ何があったか、という話で、普通大した事件は無かったり、偶然の事件が殆どかとも思うけど…

母の家系は、父の家に比べるとかなりマシで、問題は父の家。まず父方の家は、それはもう酷い家で、父の母は、ある日突然父と父の兄を並んで座らせると、急に改まって、「私は明日から狂いますから、明日からは二人の力で生きていきなさい」と宣言し、そして実際におかしくなってしまった。

祖母は美人ながら、元々欝の気があったそうだが、もう完全にダメ。家事一つできなくなった。自分がもの心付いた頃には、祖母(50代半ば)はもう完全にボケていた。祖父もアル中で、祖母同様、もの心付いた頃にはボケていた。昨年、脳の半分が壊死して植物状態になり、一年ほどして死んだ。

両親同様、親戚(後に夜逃げ→消息不明)もロクデナシばかりだった。その為、母が言うには、父は口癖のように「あんな人間(両親や親戚の事)にだけはなりたくない」とボヤいていた。ところがその父自身、事故現場に直面しても、救急車を呼ぶ事すらしない人間。それでもまぁその頃はまだ優しい所もあったらしく、両親は結婚。工芸関係の仕事を始めた。自分が生まれ妹が生まれ、ちょっと小学校で苛められもしたが、まぁまぁ何とか暮らし、何度かの引越しの後、家を建てようという事になり、家を建てた。ところが、その家が傾いていた。土台の沈下で、現在進行形で酷くなってる。更に、家を建てた建築会社がこちらを訴えてきた。で、父はその後ショックで酒量が増え…色々省略。重要なのは、きっかけそのものは、父に原因は無かったという事。結局父は、その『なりたくない人間』そのものになった。全部話してると長くなるので詳細はカットするけど、人間としてのクズ要素を一通り備えていると想像してくれれば、現在の父の人物像はだいたい合ってる。

母は数年間、豹変した父に付き合いつつも一人で家庭を支えていが、流石に離婚した。住宅裁判で支払われた賠償金は全額借金の返済に充てる、という条件で父が受け取ったが、株に使い込んで全部消えた為、自己破産を申請した。(…と本人は言っているが、もう喋る内容が全て嘘か本当なのか分からない)

母方の親戚には連帯保証人を頼んでいた為、当然、母は親戚関係と絶縁状態に。それでも、さあこれから新しい人生を、という時になってガン。手術は成功したが、転移率が中々高いそうだ。自分は父とも連絡をとれる状態だが、連絡はとっていない。

…何が怖いかと言えば、自分が上の話を聞いていたのは前々からだけど、だからそ逆に、そんな怨念に負けるか、気をつけて生きるんだ、と思っていた。だが、父が「あんな人間にだけはなりたくない」とボヤいていた話は、つい最近知ったんだ。そして自分もまた、「父のような人間にだけはなりたくない」と普段からボヤいていた。若い頃の父の言葉をこの前母から聞いて、目の前が真っ暗になった。何時か、何時か自分も、あのような人間になってしまうのではないかと。

という訳で俺は今、その傾いた家に一人で住んでいます。

『先祖の呪縛』へのコメント

  1. 名前:7c : 投稿日:2016/09/03(土) 00:36:34 ID:UwNjI1NzI

    ひどいな、寺の住職
    言うだけで、なんの解決にもならないのか

メールアドレスが公開されることはありません。