【唖然】記憶から消えていく友達

小学校から仲の良かったAとBと自分。高校からは学校が別れたのだが、お互い実家は近所だったので、たまに町中で会ったりした。ちなみに誰も携帯は持っていなかった。私が県外の専門へ入学、Bが市内の量販店勤務になった頃、突然Aの情報がぱたりと途絶えた。


成人式にも現れなかったので不思議に思った私とBは、成人式の帰り共通の知人Cも交えAの家に行ってみた。家にいくとAのお母さんが玄関に出てきたので、今日Aはなんでこなかったの?と聞いたら、変な顔をして「うちにはAなんていません」と言われた。私とBは小学校の頃この家に遊びに来たことが何度もあり、おばさんとも当然顔見知りだったはずが、おばさんは私とBのことも知らないと言った。そんなはずはないといくら説明しても話がかみ合わず、仕方なくAの家をあとにした。

なんだかわけのわからないままそのときは解散し、お互い家に帰り家の人にその話をしたところ「あの家にAなんて同年代の子いたかしら?」とのこと。夜に3人でそれを電話で話し合い、もしやうちらが名前かなんか間違ってる?という話になり、「あ、そうだ小学校の卒業アルバムを見れば!」とお互いアルバムを探したが、何故か誰もアルバムを見つけることができなかった。それどころか、小学校の頃のクラス写真とか、みんなで写っている写真が一枚もみつからなかった。

未だに理解できない不思議体験だが、これの数年後、今度はCが「Aって誰?」と言いだし、私とBは唖然とした。私たちもそのうちAのことを忘れてしまうんだろうか…。

『【唖然】記憶から消えていく友達』へのコメント

  1. 名前:ONE~輝く季節へ : 投稿日:2017/05/13(土) 21:08:07 ID:c3NzE5MDY

    えいえんは、あるよ

メールアドレスが公開されることはありません。