目をもらう

家族で旅行に行った時に、旅館の周りをブラブラ観光していたら、荒れ果てたお地蔵様があった。
別に俺達が掃除する義理もないので、そのままスルーしようとしたら、
四歳の息子が急にゴミ拾いを始めたので、「偉いぞ!」と誉めて、少しして旅館に戻った。

夜、息子が寝た後に嫁さんと二人でビールを飲んでいたら、
息子が寝言で「僕イラナイからパパにあげる」と言っていた。
昔だれかに『子供の寝言には話かけたらいけない』と言われたのを思い出して、声はかけずに無視してそのまま寝た。

朝起きて飯を食べているときに息子が、
「昨日夜にお地蔵様がきて目をくれると言っけど、僕はいらないからパパにあげるって言っといた!」と言っていた。
あの寝言はそれかとなっとくした。

チェックアウトをして、帰りの駅に向かうバスを待っていた。
そのうち遠くの方にバスが見えたが、そのバスに黒い霧みたいなのが絡み付いていた。
次のバスまで時間はあったけど、なんか気味悪かったので次に乗ることにした。

そして駅までのバスの中からみたのが、
最初にに乗るはずだったバスが事故にあい、パトカーとかがいっぱい来ている所だった。

そんなもん見たからかなり気分が悪くなり、家についた後も早めに寝たんだけど、
途中目が覚めテレビをみていたら、息子が寝言で「その目は大切にしなさい」と言っていた。
今でもたまに車に黒い霧を見ることがあるのがかなりこわい。

『目をもらう』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/19(土) 18:05:44 ID:kyOTE5NTY


    その目が、大切な誰かを救う日が来るさ

    もし証明されれば、航空会社やSPに高給で就職できるね

メールアドレスが公開されることはありません。