【怖い話】地元の山で信仰されているゴンゲンサマを山神と言ってはいけない

地元の山の中にポッカリと開いた広場があり、その中央に石祠がある。その石祠は地元の人から『ゴンゲンサマ』と呼ばれている。『ゴンゲンサマ』は、山に於けるありとあらゆる事故、災厄から人間を守ってくれると言い伝えられている。このように聞くと、『ゴンゲンサマ』は山神だと思うかも知れないが、決して山神では無いのだと言う。寧ろ、『ゴンゲンサマ』は山神と呼ばれるのを嫌う。そのため、地元の人達は『ゴンゲンサマ』の前では決して山神とは口にしない。



小学四年の時、そんなの迷信だと言って、友達と二人で確かめに行った。『ゴンゲンサマ』の前で山神と呼び掛けても何の変化も無い。「やっぱり迷信だ」友達はそう言った後、帰ろうと俺に言って元来た道に戻ろうとした。ふと、友達が突然立ち止まる。不思議に思って友達の目線の先を見ると、一匹のどす黒い色をした猿が居た。「誰が山神じゃあボケェ!ワシはゴンゲンサマ言うんじゃあ!!」人の言葉で猿が怒鳴ったかと思うと、俺達に向かって走り出して来る。うわっと驚きながら、俺と友達は二手に別れ、山を降りて必死に逃げた。家に着くと俺は急いで友達の家に電話をかけた。友達は家に着いた直後らしく、息が荒かった。「何だよ、あれ!?何だよ、あの猿!??」と、電話越しに友達はかなり興奮していた。最終的に、今日あった事は二人だけの秘密と言う事になった。あの日以来、俺と友達には何の異変も起こらなかった。本当にそれっきりだった。それとなく、お爺ちゃんやお婆ちゃんに聞いて見た事もあるが、何故『ゴンゲンサマ』の前で山神と言ってはいけないのか、もう分からないのだと言う。猿との関連性も分からないとの事。ただ、俺も友達もあの日以来、猿が苦手になった。

メールアドレスが公開されることはありません。