【あなたと結婚するのは実は5回目なの】亡くなる直前妻が奇妙なことを言い出した

俺には高校時代からの親友Aがいる。高校時代の当時、Aの自宅には、Aの従兄弟で大学生であるBさんが居候していた。Aの父親が、Aの大学受験の勉強を見てもらう事を条件に、地方出身のBさんの居候を許可したらしい。

俺はAの家に遊びに行くのが日課だったのだが、徐々にBさんを交えての勉強会になっていった。Bさんの彼女であるCさんが英文学部だったため、英語だけはCさんに見てもらった。勉強後、よく四人で進学大学の相談や、将来の職業について話し合った。勉強会の成果もあって俺とAは第一志望の大学に受かり、BさんとCさんは大学を卒業し、就職一年目で結婚した。俺とAは大学は違うものの、月に数回は遊ぶ関係が続き、年に数回はBさんCさん夫婦宅にも遊びに行った。

数年後に俺とAは就職し離れた土地へ。それでも里帰りする度にAと会い、年間行事のようにBさんCさん宅に遊びに行った。しかし四人揃ったのは、今年の正月が最後だった。今年の春、Cさんは急病で亡くなったのだ。俺は今年の旧盆、AとBさん宅へお線香を上げに行った。その際、Bさんから驚くべき話を聞いた。

Cさんが亡くなる前、意識不明状態から奇跡的に意識が戻り、「伝えたい事がある」と言い出した。
Cさん「私ね、五回人生をやり戻しているの」
Bさん「えっ?」
Cさん「でもね、人の寿命は変えられないの」
Bさん「お前、大丈夫か?」
Cさん「毎回、信じてもらえないけど、これか私にとって事実なの。一回目では、Bと大学時代に恋人同士にはなれなくて、二人とも違う相手と結婚。そして二人とも離婚。で、二人は離婚後に再会し結婚。二回目からは猛アタックして貴方と結婚し、子供を産む事は出来たけど、病死。三回目も結婚し、子供は病気をする事なく育ったけど、事故死。四回目からは子供を失う悲しさから逃れたいから、子供は作らなかったの。そして今回は、四回目までの経験から自分の死の原因を事前に回避していたので、亡くなる事は無いと思ったけど、原因不明の病。私、死んでもまた時間を溯って、貴方が大学生の時に会って来るよ」
その後、Cさんは亡くなってしまったそうだ。

Bさん曰く、「Cの話した事は、何かのドラマを元にした嘘の話かもしれない。しかし生きている時間は違っても、元気ならそれで良い」と話していた。

『【あなたと結婚するのは実は5回目なの】亡くなる直前妻が奇妙なことを言い出した』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/06/23(土) 13:35:52 ID:kwOTYxMTk

    生まれ変わってではなく、時間を遡るんだ

メールアドレスが公開されることはありません。