【不可解】昔住んでいた村の『歳をとらない巫女さん』

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかった。俺は一年間だけその巫女さんのお世話に携わってから、親の都合で引っ越した。

大人になってからリストラされ、そのショックで傷心旅行みたいなことをした。二十年振りに村へ戻り、昔の友達に会いに行った。そして一週間ほど旅館に滞在し、村の中を色々見て回っていた。すると村の恒例の行事か何かで、その巫女さんを偶然見かけた。何か引っ掛かるなと思っていたら、巫女さんは当時の姿のままだった。友達に「巫女様、二代目になったんだ?」と言ったら、「あれは歳を取らないから」と言っていた。あと「恐れ多いからそういうことを言うな」と言われた。何だそれはと思ったが、詳しくは詮索しなかった。

当時はこの先どうやって飯を食って行くかとか、家族の問題などが色々あって大変だった。だからそのことは忘れて現在に至るのだが、今思い返せばオカルトだな…と気付く。


メールアドレスが公開されることはありません。