【登山の怖い話】狐に化かされ遭難寸前

化かされるってことで自分も親族に聞いた話なんだけど、その親族が登山中遭遇した3人組。登山道を深刻な顔して行ったり来たりしてるんだって。何してるんだろうと思いながらすれ違って、声をかけても無言。不審に思いながらも親族は登頂して、再び同じコースを下山したらまだ同じ行動を3人組がしてたんで、思い切って肩をたたいて声をかけたそう。そうしたら先頭の人がはっとして、「やっと人に会えた!」と言って涙ぐんだんだって。どうやら道に迷って遭難寸前だと思ってたらしい。親族が見た状況を説明すると、そんなはずはないと驚いてたけど、結局狐に化かされたのかみたいな話で終わったそう。それ聞いて、狐に化かされるって何か磁場による脳内誤作動なのかなぁと思ったわ。でも一人ならともかく3人だから、何なんだろうやっぱり妖怪的な力ってあるのかなぁ。


メールアドレスが公開されることはありません。