不吉な白い猿の妖怪

祖父から聞いた兵庫県の美方という地方の話。祖父達がまだ若い頃、ツカイ(漢字表記はわからない)と呼ばれる妖怪がいたらしい。顔は人間っぽく真っ白で尻尾も無い。体毛は短く二足歩行もする。多分アルビノ種の猿なんだろうって思ってるけど、祖父はそれを否定する。ツカイが現れると死期を示唆するというのが、地元での言い伝えだった事と戸締まりをしているのにも関わらず、家に安々と侵入して来る所と牙がある事からそう考えられるらしい。


ツカイは朝方に出没する事が多く、5時くらいに目覚めるとじっと枕元でこちらを眺めている。ツカイを家で見かけたら果物なんかを差し出すのが習わしらしく、当時は高級であったみかんやりんごやバナナなどを差し出し、帰ってくださいとお願いする。祖父と血が繋がっていない弟が、祖父が仕事で大怪我をしたという噂を聞いて家に泊まりに来た。その夜、祖父の弟がツカイに噛みつかれてツカイを殺してしまったんだそう。それからツカイは出なくなったし祖父の弟もその時は無事だったんだけれど、ツカイが死んだという噂が広がり地元では大混乱。ツカイに命を救われた恩があるという人もいるし、ツカイに母を殺されたという人もいるし祖父自身も脳腫瘍を患っていたと知らなかった母を病院へ連れて行って延命できた恩がある。迫害を受け、引っ越しを余儀なくされた祖父は弟の家へ行く事になった。関連があるかはわからないけど、それから程なくして弟に白斑ができるようになった。命に別状は無いらしいけど90歳を越えた今でも白斑は残ってる。特にオチもパッとしない下手くそな文で申し訳ないけどこれでこの話は終わり。

『不吉な白い猿の妖怪』へのコメント

  1. 名前:通りすがり : 投稿日:2018/01/24(水) 02:38:31 ID:M5ODQ1Nzg

    それまで咬まれた人がいなくて、お祖父さんの弟だけ咬まれたなら、偶々ではなくツカイに意図があったりして。
    白斑がやがて全身に広がり、亡くなってから次代のツカイに…

メールアドレスが公開されることはありません。