【登山の怖い話】山の集落の不気味な住民

利発な友人は、趣味を活かして山を登って、山である調査をするバイトをしていた。その日もいつもどおり麓の集落の道を通って山に登った。途中、道沿いに何軒か民家があったが、そこの人たちが異様に敵対的。会うと逃げる;物陰から睨む;子供が逃げる;遊んでいる子供を大人が連れて逃げる、散々な対応だった。嫌な感じがして、彼は先をいそいだ。

その日の仕事を終えて、調査本体と合流するために登ってきた道をおりてきた。「また、あんな対応を受けるのかな?嫌だな」と考えながらおりていると、途中から体の調子が悪くなってきた。体がいたい、息切れがする、貧血気味だ。彼は下山を急いだが体調はどんどん悪くなっていき、その集落に着く頃には歩くのもつらくなった。助けを求めるために最初の家(一番山側)を訪れたが応答なし。家の中に人は居そうなのに。
次の家をやっとのことで行ったら、庭で農作業をしていた人たちが彼をみとめると、いきなり家の中に入って玄関をピシャリと閉めた。

彼は、玄関まで這うように行って声をかけた。「すみません、体調が悪いのですが、ちょっと休ませてください。水をいただけませんか。電話をかしていただければと・・・」応答なし。少しして、「出ないぞ!」という男性の怒号が。利発友人は、やっとのことで玄関の戸を叩いた。「おねがいしま~す」「この人、違うんじゃない、違うわ」という女性の声がして、戸が開いた。そこで朦朧となったそうだが、つぎに意識がはっきりすると座敷に寝かされていた。

その家の人はとても親切だった。「いやいや、悪かったね~。誤解してたわ」彼らはバツが悪そうだった。曰く。この集落には、一人の男が二年に一回くらい下から登ってくる。彼は、いつも同じ服と装備で「あなたにそっくり、いや、あなただ」友人は面食らった。ここは初めてだった。続けて言うには。それはそれでいいのだが、その後が問題だ。あなたそっくりの登山者が来た後は、その集落か、あるいは、その周辺の集落の人がかならず一人死ぬ。それが続くので怖くなって、その人が来ると皆、避けるようになった。

その登山者は、登ってはいくが同じ道をおりてこない。彼らは、その男に挨拶をして、やんわりと問いただしてみようともしたが、まったく無反応で無視される。手のほどこしようがない。これが、登る時に友人に示した態度の理由だった。

その後、彼は集落の人の軽トラックに乗せてもらって、近くの大きな駅まで送ってもらった。次の日、雇用者(会社)に尋ねたが、「そんな話は聞いたことが無い」

その日の彼の体調不良は、後に、彼に大変なことももたらすのだが、それは関係のない話だ。


メールアドレスが公開されることはありません。