母がとある同僚の車に絶対乗りたがらなかった理由…

10年くらい前の話だけど、母の職場に荷物届けに行った時のことを。
職場の前に駐車場があるんだが、そこに止まっていた1台の車にふと目がいった。よくよく見てみると、後部座席にロングヘアの女性と金髪の若い男性が座っている。その二人を何となく眺めてたんだが、1分したところであれ?と思った。というのも、その日は8月だというのにエンジンの切れた車内で窓も開けずにいたことと、二人とも前かがみの姿勢のまま微動だにせず固まっていたから。それに気づいた瞬間『あ、これ生きてる人じゃない』と直感。ぞ~っとして、すぐに母の職場に逃げ込んだ。

後日、母から聞いたんだが、その車は母の同僚の車。私がその二人を目撃してから数日後、同僚がお守りを神社に貰いに行った。その際その車を運転していったらしいんだが、神主さん車を見るなり「あー。人、乗ってますね」と言ったんだって。私が見た2人に加え、助手席にも1人おじさんが乗ってたらしい。(私は気づかなかった)同僚、震え上がってその場で車のお祓いをしてもらったそうです。

何で同僚が母に言ってきたかというと、母と同僚が外回りに行く際に同僚の車に決して乗ろうとしなかったから。母にも見えていたそうです。(母はなぜかロングヘアの女性しか見えなかったそうだが)お祓いした翌日、同僚が母に「お前見えてただろ!!」と突っ込んできたそうで。でも、同僚の車は中古ではなく新車だったんですよね。乗ってた3人も、同僚には全く心当たりがないそうで。曰くつきの中古車とかでもないのに、何であの人たちはあの車の中にいたのかな…と不思議でした。

『母がとある同僚の車に絶対乗りたがらなかった理由…』へのコメント

  1. 名前:名無しさん@ほしゅそく : 投稿日:2018/02/11(日) 23:37:01 ID:E2MzY1Njc

    肝試しか、廃墟巡りしてたんだろ

メールアドレスが公開されることはありません。