【山に関する不思議な話】仙人と狸

都会を引き払い、山村に住んでおる友人にひさびさにあった。バリバリの営業マンだった彼は今、昼は畑仕事をし、夜暗くなる頃には寝る。そんな暮らしをしている。随分と変わったなぁとしみじみ話してると、いやぁ仙人には適わないぜと言う。仙人というのは村の外れにある小山に引き篭もってる人で、時折薬草や山菜などを売りに降りてくる以外、接触を避けている人だという。友人は、俺こないだ仙人が狸と話してるのみちゃったと言う。しかも仙人が話してると、俺にも狸が何言ってるかわかっちゃった、と。何言ってたんだと聞くと、人間は本当にこわいねえ、俺の親父の皮目当てで狩りに来る。とかそんなことをぼやいてたと言う。仙人も人間なんじゃ?と聞いたら、いんや、仙人は仙人だろう、人の格好をした別もんだとおもうな、と。どうも友人は何か悟ってしまったようだ。そう思った。


メールアドレスが公開されることはありません。