山奥の立派な神社

自分は出張で1~2週間ほど遠くに出る事があり、出先で貰った休みには、ネットで調べた遊歩道や山歩きコースを散策するのが好きで、(といっても本格的な登山ではなく、私服に運動靴のレベル)出張の度にそういった場所を回っている。こんな怖い板見てる癖に人気のない山林が好きとかどうかとは思うが、風の強い山中で風に煽られた木々がざわつくのを聴いていると落ち着く性格で、でも可愛らしい妖怪とか出会った事が無い、残念。それで、今から1年ほど前に新店の応援のために10日間の出張を命じられ、新規出店準備から告知案内、チラシの投函なんかで5日間働いたのち、開店の二日前に一日休みが入った。で、ここからが本題。




前述の通り、山の散歩道を調べていた自分は、朝8時頃に目的の場所に到着。結構深い山の裾に作られた運動公園で、人工の渓流に沿った森林遊歩道が山頂の展望台まで伸びていた。所要時間は片道2時間ほど。季節がら湿った落ち葉で覆われていて少し歩きにくい状態で、春先なのもあって空気が冷たい上に湿っていて、雨が降った後のような感じだった。そこをじっくり歩いていたんだが…1時間後、なんか道がけもの道っぽくなってきた。周りはかなり暗い森で、杉と広葉樹が密集していた。原因は判っている。途中に出ていた何も書かれていない矢印の木の看板に浮気して本道を離れたからだ。まあ道らしいものはあるし、迷った訳でも無いので気にせず進んでいたんだが、道はどんどん悪くなり、起伏が激しい湿った岩道をふらふらしながら時には手を使って越え、どっからか浸み出してきたのか水の流れをまたいで、もう本道に戻ろうか此処どのへんだよな状態で、なお進んでいた時・・・石段に出くわした。

石段は10段程度で自然石を組んだみたいな感じ。その上は狭い広場に神社があって、そこで行き止まりだった。周りは相変わらず高い木々が密集していて暗い。神社のある広場は山の斜面を削った感じで、ぽっかり空が開いているが、回りの木々が高いんで、日の光が差し込んできていなかった。

その神社が、なんかすごく新しい。敷地はあまり広くないが神社は普通の大きさで、柱が一抱え程ある立派な石造りの鳥居が立っていた。これも真新しくてすべすべ。裏には『平成二十何年(年数は覚えてなかった)』と彫られていたが、寄贈者や神社の名前が無かった。神社は切り出したばかりの木材で立てたように黄色くてつやつやで、近づくと真新しい木の香りがした。湿気が水滴になって欄干や柱に付いて、触ったらツーと指が濡れて滑る程だった。社には立派な額が掛けられていて文字が金色に塗られていたが・・・達筆過ぎて読めない。たぶん最後は~堂だと思うが。社の格子から中を覗くと中は暗くてよく見えなかったが、よく奉納で見かけるような酒樽(銘柄も書いてあったが気にとめていなかった)と、小型の米俵が幾つかと、神棚の上によくあるような鏡みたいなのがあり、梁には文字の書かれた額が掛けられていたが、同じく達筆かつ暗く小さく読めなかったが、人名録みたいだった。手水舎もあった。いま見かけるようなコンクリじゃなくて大きな石を彫りぬいたもので、大理石のような石でできた竜の口から水が出ていた。 出ている水はきれいそうだけど受け溜めのほうには枯葉が沈んでいたんで、手だけすすいで口をすすぐのはやめておいた。これだけ綺麗なのに何故か社務所が無い。それに灯篭みたいなのはあるけど狛犬もいない。謂わや祭神なんか書かれた案内板もない。それでもとりあえずここまで来たのだからとお参りした。賽銭箱も真新しくて鈴もピカピカで綱紐もまっさらだった。

そのあと苦労して本道に戻って、予定どうり展望台を回って帰ホテル、忙しい開店セールを頑張ってこなして帰った。

それから1年後の今から2カ月ほど前、1周年記念イベント開催の応援で再び出張に行った。こんどは2日のみで、3日目はお休み(その日を使って帰ってこいって事だよ! 休日出勤扱いならず)。店の朝礼だけ出て挨拶した後、帰るのは午後からにして、午前中はまたあの山に登った。 そしたらあの矢印が無くなっていた。ただ道はあったので、もう行くつもりはなかったんだがなんとなくまたその道へ。で、1年前に見た石段に出くわして登ったんだが、あの神社が無かった。 いや、神社はあるんだけど、古くて虫食いだらけでボロボロで前見たときより小さい感じ。鳥居も木製で簡単な作りで、手水舎はあるけどコンクリ製で水は雨水溜め式でカラカラ。同じくボロボロだが社務所(無人)もあるし、苔が生えていたけど狛犬もある。

道は一本で間違えようがないし・・・
というか、前は気にしていなかったけどあの立派な神社、歩くのも大変な山道でどうやって建てたの?あの大きな石の鳥居なんてどう考えても無理。頭をひねりながら帰ってネットで調べてみたが、そこに新しい神社を建てたなんて情報は無かった。というかボロボロ神社の情報自体なかった。 大変な山道だったんで迷った可能性もあるんだが、もうあの店に行く機会は無いし、自分で行くのも大変な距離なんで確認しようが無いけれど、もう一回行ったら神社自体が無かったりして・・・

あれも俗に言う『まよいが』みたいなもんだったのかね・・・

『山奥の立派な神社』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/06(日) 21:17:26 ID:E3NTA0MDM

    その新しい神社に行ったために失くした物=お賽銭

    じゃなくて、
    報告者の悪いモノを吸い取ったために、寂れてしまったとか

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/08(火) 15:01:59 ID:YyMDMwNDk

    吸い取ったくらいで朽ち果てるって相当弱い神社だなw

  3. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/08(火) 17:08:49 ID:c3ODI3NzY

    面白い。。

メールアドレスが公開されることはありません。