犬神伝説の残る地方の蔵で

学生のとき、友人と民宿に泊った。
そこは古い民家みたいなところで、母屋の隣にデカい蔵があった。で、民宿のばあちゃんが言うにはその蔵には神様が祀ってあるから入るな、とのこと。
そんなこと言われると、入ってみたくなるのが人情ってもんで、例に漏れず、友人と連れ立ってこっそり蔵の中を覗いてみた。




覗いた僕らは唖然とした。蔵の内側の壁には、伊勢神宮にあるような神代文字?(じんだいもじ、かみよもじ)が赤い塗料でびっしりと書きこまれており、そこかしこにお札が貼ってあった。
ヤバいと感じた僕らは、そそくさと部屋に戻り、その後は飯食って酒を飲んでた。

そうして夜も更けた頃、蔵の方から突然

バンバン!!バンバン!!

と、音がする。蔵の扉を叩いているような音だった。不審に思った僕らは泊っていた母屋の2階から蔵の方を見てみた。
蔵の扉は内側から強い力で叩かれ、叩かれるたびに凄い音をたてていた。僕たちはその光景を呆然と眺めていた。
すると突然、蔵の扉がバン!!と開き、中から人影が飛び出してきてあっという間に外に走り去ってしまった。

目の錯覚かと思った、、。見間違いかと思った、、。

蔵から走り出てきたのは、明らかに犬の頭部を持った人間だったからだ。
その後、祟りなんてものには全くあっていない。ただ、その地方に犬神っていう神様がいることだけは何かで聞いた。

『犬神伝説の残る地方の蔵で』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/01(火) 02:57:20 ID:EzMDA3Mjc

    ヒッキーじゃなくて夜行性だったのかw

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/06(水) 09:04:56 ID:A1NDEyMzk

    アヌビスかルカリオかはたまた大穴枠で犬夜叉か…

メールアドレスが公開されることはありません。