【かんのけ坂】相次ぐ不審死の真相その1

今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。そこで地元が同じである4人の大学生と仲良くなった。毎晩話をしているうちに免許合宿が終わったらお祝いもかねて何処かにドライブに行こうという話になった。無事全然免許を取得することができ、後日ドライブの日程を決めようということで解散した。




後日LINEで連絡を取りあい、日程をきめた。その日親の車を使えるのが俺だけだった。他の4人は住んでいる所も比較的近くだったため、どこかで集合し原付で俺の家までくることになったようだった。4人のうちの1人にアルバイトがあったため夜中の1時に俺の家に到着というプランだった。

ここからは聞いた話になる。4人は12時に無事集合し、全員原付で出発したようだ。夜中だということもあり車も少なく快適なドライブだったらしい。4人横並びで交差点で信号待ちをしているときに、信号がかわるとともに一斉に走り出しどれだけ次の信号に引っかからずに行くことができるか、というレースのような状態になった。

レースに夢中になり、ふと気付くと1人いなくなってたらしい。3人で今来た道を戻り原付を脇に止めて困り果ててるのを発見した。調子が悪くて動かなくなったんだそうだ。素人4人だったが、なんとかまたエンジンをかけることができた。1人の調子が悪いのでレースは控えてゆっくり行こうという話になり、そいつの後ろに3人がついて行く陣形で走っていた。先程原付が故障した1人もなんの問題もなく走っていたため、またレースがはじまってしまった。

気付くとまたさっきの1人がいなくなっていた。また故障かと思い、3人はまた戻ったそうだ。するとまた原付が脇に止めてあった。あぁまたかと思ったが今度は乗っていた本人がいなかった。どうしたのかと3人は原付を停めてあたりを探した。10分ほど探したが見つからなかったため途方にくれていたときに、脇の田んぼから携帯音の着信がしたらしい。

このとき一時を少し過ぎており、俺が電話したのが丁度行方不明の彼だった。三人は着信音に驚き、田んぼの方に恐る恐る歩いていったらしい。そこは街頭も少なくとても暗かったという。するとそこに行方不明だった1人がいた。その時の彼の様子はまるで恐ろしいものでも見たように目を見開き、涙を流し失禁していた。口も開いたまま、泥だらけになり田んぼの真ん中らへんで突っ立っていたそうだ。見つけた3人は焦って呼びかけたがまるで反応がなかった。全員が田んぼに入り泥だらけになりながらなんとか彼を引き揚げた。

ここで俺に別の1人から電話が入り、風呂と着替えを用意しておいてほしいということと、ドライブは中止だということを言われた。俺は事情が分からないまま言われた通りにし待っていた。4人が到着したのは結局2時すぎだったと思う。4人は3台の原付でやってきた。彼の原付は置いてきたそうだ。上着で無理やり運転者と彼を縛りつけていた。

まだ放心していた1人を4人がかりで風呂にいれ、ジャージを着せた。その頃には徐々に回復しており、なんとか喋るくらいにはなっていた。失禁もしていたため、俺らは気を遣い先程のことはきかなかった。するとぽつんぽつんと話し始めた。

突然また原付が故障し脇に止めて皆が戻って来るのを待っていた。すると道の向こう側で女の人が忽然と現れて手招きをしているのだという。街頭に照らされ凄く不気味だったそうだ。話かけても決して話し返してはくれずただ手を拱いてるだけだったという。そこから記憶がないとのことだった。

俺らは震えながら話す彼になにも声をかけることができず、その晩は俺の家に泊まり、明日車で彼の原付を取りに行こうということだけ決めて寝ることにした。3人はすぐに寝つき、彼も以外とすっと寝付いた。それを見て安心し、いつの間にか俺もねてた。これが3時くらいだと思う。

4時頃、だれかに話しかけられて起こされた。話しているのは彼だった。俺もう帰らないといけない。俺帰らないと。そう言っていた。あんなことがあったため、驚いたがしきりに帰りたがるので俺は全員を起こして彼を説得しようとした。全員で引き止めたが、彼は帰らないと、としか言わなかった。結局らちがあかず不安ではあったが家についたら必ず電話するようにと念をおして、1人が原付を貸して彼を帰らせた。

凄く不安だったが、およそ1時間後に電話が入り無事家についたと連絡がきた。原付も自分のものと途中で乗り換えたのだという。俺らは心の底から安堵し、いつの間にかまた眠ってしまっていた。

朝10時過ぎ頃電話で起こされた。彼からだったので嫌な予感がしたが、出ると女性の声だった。電話してきたのは彼の母親で泣きじゃくりながら彼が死んだと言っていた。朝彼の原付があったので帰ってきたのかと思い部屋に入ると死んでいたのだそうだ。

驚いて皆を起こし、住所をききすぐさま親の車で彼の家に向かった。家につくと警察がいた。彼の母親が外にでてきてくれて、中にいれてくれようとしたが警察にとめられた。昨晩一緒にいた旨を伝えると余計に見せることはできないと言われた。母親とも引き離され、意味が分からないまま外で待っていると警察署にきてほしいと言われた。

結局パトカーと俺の車に分けられて警察署につれていかれた。運転は警官がしてくれた。取り調べ室のような所に4人座らされ待っていると、中年の男性が写真をもって入ってきてこういった。相当の衝撃をうけるかもしれない。怖い人は見なくていい。そして写真をみせられた。全員が思わず見てしまったが、本当に見ていた全員が驚きのあまり立ち上がった。

写真には仰向けになり、天井に手を突き出したまま死んでいる彼の姿が映っていた。目は見開き涙を流し口からは血が混じった涎がたれていた。手は限界まで開いており血の気がひいて真っ白だった。

怖い話続編【かんのけ坂】相次ぐ不審死の真相その2へ

メールアドレスが公開されることはありません。